シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Kaloud Samsaris Silicon Hookah Bowl 火の調節

作り方はこちら

大切なのは、Kaloud Lotusを乗せたらしばらく吸わずに放置すること。この作業をせずに最初から普通に吸うと、最後まで煙と香りが本調子にならずに終わる。
ちなみに、放置時間は室温や使うフレーバーによって多少変わるので、あくまで目安である。Samsarisを何度か使っているうちに、より良いやり方や好みのやり方が見つかるだろうと思うので、色々と試して是非教えて欲しい。

炭の量は、Coco Nara 2ピースに補助の炭2~3ピース。
samsaris3

① 炭を入れたKaloud Lotusを乗せたら、4~6分ほど放置する
Kaloud Lotusの上のファンは、完全に閉じた状態~半分ほど開けた状態が良いと思う。
4~6分ほど経ったら2回ほどゆっくりと吸う。おそらく、この時点ではピーク時の5~7割ほどしか煙が出ないはずである。仮に煙が出ていたとしても、香りのノリが非常に悪い。
samsaris4

② 少し煙が出始めたのが確認できたら、Kaloud Lotusをどけて中のフレーバーひっくり返す
Kaloud Lotusの底にフレーバーが焦げて付着していたら、それもボウルの中に戻す。その際、ボウルの底の方にあるフレーバーが上の方に来るように混ぜると良い。なお、このときの中の状態は、フレーバーの表面がところどころ黒くなっているぐらいで、まだ全体に生の状態の色がほとんどだと思う。
samsaris5

samsaris6

③ Kaloud Lotusを置き、再び3~5分ほど放置する
1~2分間隔ぐらいで、煙の調子を確認するためにゆっくりと吸う。この操作にはフレーバーを温める効果があるため、より早く煙と香りが本調子になる。3~5分ほど放置したあたりで、煙と香りが本調子になるはずである。

④ 煙が本調子になったら、あとは普通に吸う。
ここからの安定感は非常に優秀。適当にしていても焦げることは少なく、好みに応じてKaloud Lotusのファンを開閉するだけで良い。
なお、煙が本調子になってから20分ほど吸ったあたりで、中のフレーバーをひっくり返すのが良いと思う。その際は放置する必要は無い。火力にもよるが、これぐらいのタイミングだと、フレーバーの上から1/3~1/2までが黒くなっていて、ひっくり返したときの煙と香りの復活具合が良い。また、あまり火が通り過ぎてからひっくり返そうとすると、フレーバー同士がくっつきすぎていて、平らにしにくい。

* 焦げたときの対処法
煙にトゲがあると感じたり、何だか酸っぱいような香りが出ている時は、火が強すぎる可能性が高い。その場合、上のファンを全開にするかどけて、しばらく吸うか放置すると良い。そのうちに煙と香りが落ち着く。また、このタイミングで中のフレーバーをひっくり返す作業を行うのも悪くない。
なお、中のフレーバーをひっくり返す作業は、雑になり過ぎない程度に手早く行うことをオススメする。Kaloud Lotusをどけた状態で長々とフレーバーをいじっていると、フレーバーの温度が下がりすぎてしまうし、香りも逃げる。また、炭が小さくなった状態でフレーバーの温度が下がり過ぎると、熱量が不足していて香りや煙の立ち直りが悪い。

* 備考
調節の際にゆっくり吸うというのは意外と重要で、フレーバーに熱が回るのを助けてくれる。勢い良く吸うと、状況によってはフレーバーの温度が下がってしまう。この操作はSamsarisだけでなく、陶器製含めたほとんどのボウルで共通して行える。炭をいじらずにできる温度調節といったところか。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930