シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Fumari / Tutti Frutti(火の調節にコツがいるバニラアイスの香り)

time 2015/10/30

Fumari / Tutti Frutti(火の調節にコツがいるバニラアイスの香り)

香りについて

Tutti Fruittiは、刻んだ砂糖漬けのフルーツ入りアイスクリームのこと。バニラとクリームの香りのような、お菓子っぽい可愛らしい甘さが特徴的。
FumariのSpiced Chaiとは違ったクリームっぽさで、よりシンプルでマッタリした甘さ。Spiced ChaiのようなCaramel系の香りが無いので、やや粗めだが香りはクリームっぽい。そこにFumariのベースの香りと思われる、漠然としたフルーツっぽい香りが混じる。
全体にお菓子っぽい甘さのため、確かにバニラアイスのような香りに感じる。アイスクリームだが、ナハラのIce系のようなヒンヤリしたテイストは無い。
火の調節にクセがあるが、香り自体はなかなかの完成度。
 

煙について

煙の量と質はFumariの平均。スムーズな煙が良く出る。
タバコ的な重さはFumariの平均で軽め。他社と比べて軽い。香りの伸びが中盤以降にあるため、香りの持ちはFumariの平均より長い。
火が弱いとFumariのベースの香りしかしないので、少し強めの火加減にし、蒸らすことを意識しながら調節する必要がある。ただし、あまり火が強いと煙が粗くなる。やや火の調節にクセがある。
Fumariの中でも火の調節が厄介な部類。
 

(総評)71点

火の具合が分からず、初回はFumariのベースの香りしかしなかった。FumariのWhite Gummy Bearと同様、香りの特徴を出すのに少しコツがいるように思う。
他のFumariのフレーバーより吸う前の放置時間を少し長めにし、焦げない程度に強めの火加減で吸う必要があると思った。ただ、基本的にバニラとクリームの香りがシッカリと出てくるのは中盤以降。序盤はやはりFumariのベースの香りと思われる、漠然としたフルーツっぽい香りが強い。
本調子になったときの香りは不味くないので、火の調節の難が悔やまれる。香りだけなら75点だが、そのあたりを考慮して少し低めに点数をつけた。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930