シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Fumari / Tropical Mango(クドすぎない穏やかなマンゴー、火の調節が厄介)

time 2015/11/03

Fumari / Tropical Mango(クドすぎない穏やかなマンゴー、火の調節が厄介)

香りについて

他社のMango系と比べて少しアッサリしており、やや軽めの仕上がり。
シーシャのMango然とした香りと、実物のマンゴーっぽい香りが半々ぐらい。Mango系によく見られる強い甘さやワックスっぽさが少なく、穏やかで吸いやすい。そのぶんストレートな分かりやすさは無いが、それでも確かにマンゴーと分かる香り。煙を吐き終えるときと余韻に、実物っぽさを感じる。
他と比べて飛び抜けた出来という程ではないが、Fumariらしい作りの細やかさを感じる。クドすぎない穏やかなMango系を探しているなら、オススメ。
 

煙について

煙の量はFumariの平均。煙の質はFumariの平均か、それより少し良い。ノドに障る感じなどは無いので、甘さが強い割に煙の質は良い。
タバコ的な重さはFumariの平均。甘さは強いが重さが気になることは無い。香りの持ちはFumariの平均より少し短い。やや不満に思うレベル。Coco Naraが半分の大きさになったあたりから、香りが薄れ始める。
PhunnelとCoco Naraと風防で崩れること無く吸えるので、火の調節は容易。少し弱めの火加減の方が実物っぽい香りが上手く出るように感じたが、それだと序盤の香りのノリが悪い。詰める時にシッカリと表面を毛羽立たせる、最初にやや強めの火加減でシッカリ蒸らすなど、作るときの工夫が必要。
香りのノリの悪さや持ちの悪さなど、調節が面倒くさい。
 

(総評)71点

個人的にMango系は好きでないので、これは穏やかで吸いやすかった。定番の香りが細かく丁寧に作り込まれており、Fumariの特徴が良く出ている。
Mango系としては少し薄味だが、Fumariのベースの香りが目立ちすぎることも無かった。香りの出来自体は悪くないが、香りのノリの悪さや持ちの悪さから、点数は少し低めにつけた。また、他社のMango系と比べ、少し穏やかすぎてインパクトに欠けるようにも思った。
濃いめのハッキリしたMango系が好きな人には、物足りないかもしれない。ガッシリした香りの力強いマンゴーが吸いたいなら、SBBのSimply Mangoが良いだろう。
FSのYachtmaster WetMangoあたりが好きならば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031