シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

StarBuzzのステム、Challenger XSのレビュー

ボウルのレビューの写真なんかに写り込んでいるが、StarBuzzのChallenger XSも持っている。
ほとんど発売日と同時に買ったのだが、なんとなく面倒でレビューを後回しにしていた。

FaceBookで使い勝手についての問い合わせがあったので、長所と短所をまとめてみた。
結論から書くと、家で使うのにはあまりオススメしない

(長所)
① 作りが非常にシッカリしている
削り出しで作っているようで、溶接した跡などが無い。余計な隙間やヒビが全く無いため、洗った後に変なところに水がたまったりする心配が無い
ヤヒアなどのエジプト製とは比べ物にならず、圧倒的に作りが良い。
ちなみにボトルは別売り。付属してこない。

② ややニオイ残りしにくい
公式にはサージカルステンレス製と書いてあり、そのためにニオイ残りがしにくいとのことだった。
一部のMYAなどにあるボトルから煙を吸い上げる部分の変な構造が無く、いたってシンプルな構造なため、洗い残しも生じにくい。
蛇口から出るお湯で流し洗いするだけで、そこそこニオイ残りが取れる。

③ 見栄えが良い
味には関係ないが、ちょっとカッコいい。

(短所)
① XSでも大きい
全体の長さは69cmボトルの上縁から先端まで、ボウル抜きで48cmある。ボトルやボウルを含めると、最終的には80cm近くなる。
そのため、洗う場所が限られてくる。キッチンや洗面台にシャワーノズルが無い場合、かなり洗いにくいだろう。

② 重い
1.3~1.4kgぐらい。
加えて高さがあるため、重心が上の方になってしまい、底面積の広いボトルでないとかなりグラつく。
ちょっと引っ掛けただけでも倒れそうになり、かなりヒヤヒヤする。一番の短所。

③ 分解できない
上の2つに比べると、大した短所ではない。
重いので持ち運びには向かないし、ニオイ残りもしにくいので分解して浸け置き洗いする必要も感じなかった。

(個人的な感想)
買ったは良いが、ほとんど使っていない。大きくて重いせいで重心が上になり、グラつくのが非常に怖い
個人的には、煙や香りに最も影響するのは、ボウルの種類・詰め方・火の調節の3点だと思っている。また、本体の長さよりもボトルの大きさの方が、わずかながら煙の質に影響しやすいとも思う。
具体的には、ボトルの上縁から先端までが25cm程度あり、それがハマる大きさのボトルであれば、と思っている。流石に卓上サイズの本体だと煙の質が粗くなるが、ミドルサイズ以上であれば煙や香りに大きな違いを感じない。
カリマムーンのミドルサイズか、変な構造のないMYAのミドルサイズが使いやすくて良いだろう。作りは悪いが、ヤヒアのベガも当たりを引けば絶妙な大きさで非常に使い勝手が良い。
以上の理由から、StarBuzzの本体は家用としてはあまりオススメしない

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930