シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

StarBuzz Phunnel Silicone Bowl 火の調節

作り方はこちら

大切なのは、Kaloud Lotusを乗せたらしばらく吸わずに放置すること。この作業をせずに最初から普通に吸うと、最後まで煙と香りが本調子にならずに終わることがある。
ちなみに、放置時間は室温や使うフレーバーによって多少変わるので、あくまで目安である。何度か使っているうちに、より良いやり方や好みのやり方が見つかるだろうと思うので、色々と試して是非教えて欲しい。

① 炭を入れたKaloud Lotusを乗せたら、5~7分ほど放置する
Kaloud Lotusの上のファンは、完全に閉じた状態~半分ほど開けた状態が良いと思う。
頃合いを見て、3~4回ほどゆっくりと吸て様子を見てみる。おそらく、この時点で煙と香りが本調子になっているはずである。
煙と香りが本調子になっているようであれば④へ。そうでなければ②へ。

② Kaloud Lotusをどけて中のフレーバーひっくり返す。
ボウルの底の方にあるフレーバーが上の方に来るように混ぜると良い。Kaloud Lotusの底にフレーバーが焦げて付着していたら、それもボウルの中に戻す
なお、このときの中の状態は、フレーバーの表面がところどころ黒くなっているぐらいで、まだ全体に生の状態の色がほとんどだと思う。

③ Kaloud Lotusを置き、再び1~2分ほど放置する。
1~2分経ったあたりで、何度かゆっくりと吸って煙の調子を確認する。この時点で煙と香りが本調子にならないようであれば、炭かフレーバーの量に問題があると思うので、火の調節以外のところを見直してみてほしい。

④ 煙が本調子になったら、ファンを開いて普通に吸う。
最初の15~20分は、Kaloud Lotusの上蓋のファンを全開~1/3ほど閉じた状態で吸うと調度良いと思う。
15~20分経ったあたりで、Kaloud Lotusをどけて中のフレーバーをひっくり返す作業を行い、ファンを半分ほど閉じた状態にする。これ以降は好みで徐々にファンを閉じてゆき、中のフレーバーをひっくり返したりすれば良い。
なお、煙が本調子になってから、15~20分経ったあたり、30分ほど経ったあたりで中のフレーバーをひっくり返すのが良いと思う。その際は放置する必要は無い。火力にもよるが、これぐらいのタイミングが、煙と香りの復活具合が良い。また、あまり火が通り過ぎてからひっくり返そうとすると、フレーバー同士がくっつきすぎていて、平らにしにくい。

* 焦げたときの対処法
煙にトゲがあると感じたり、何だか酸っぱいような香りが出ている時は、火が強すぎる可能性が高い。
その場合、上のファンをどけて、しばらく吸うか吹くかすると良い。そのうちに煙と香りが落ち着く。また、このタイミングでKaloud Lotusをどけて中のフレーバーをひっくり返す作業を行うのも悪くない。中の温度が下がり、煙と香りが早く落ち着く。
なお、中のフレーバーをひっくり返す作業は、雑になり過ぎない程度に手早く行うことをオススメする。Kaloud Lotusをどけた状態で長々とフレーバーをいじっていると、フレーバーの温度が下がりすぎてしまうし、香りも逃げる。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930