シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Gum Mastic(松ヤニなどの針葉樹の樹脂を薄めたような香りと微かな甘さ)

time 2016/02/05

Al Fakher / Gum Mastic(松ヤニなどの針葉樹の樹脂を薄めたような香りと微かな甘さ)

香りについて

マスティックガムはギリシャ原産の低木の樹脂を乾燥させたもの。
松ヤニなどの針葉樹の樹脂を薄めたような香りがメインで、スッキリとはしているがクセがある。マスティックガムは歯磨きのほか胃腸の強壮にも用いられたらしいが、胃もたれなんかはスッキリしそうなので、まぁ何となく納得の香り。
針葉樹の樹脂のような香りがするため、ややAFのCardamonに似たところがある。ただ、それと比べるとレモンの皮のワックスのような香りや余韻のショウガっぽさが無く、わずかだが甘さも強め。この甘さのせいか、AFのCardamonより少しクセが強いように感じる。
SBのLebanese Bomb Shellもヒノキのような香りなので、同じような樹木や樹脂の香りではあるが、それと比べるとツンとした感じがずっと強い。仕上がりは大きく異なる。
香り自体は大きく異なるが、クセのあるスッキリした香りという点では、AFのGumとも似た方向性と受け取れる。香りが香りなのでスッとした感じは少なからずあるが、Mint系の清涼感は無い。
スッキリとはしているがクセが強い。好みの分かれる香り。
 

煙について

煙の量と質はAFの平均。カルダモンなどの甘さのないSpice系に近くクセのある香りだが、ノドに障る感じは無い。
タバコ的な重さはAFの平均。クセのある香りではあるが、そのせいで実際以上に重く感じたりすることは無かった。
香りの持ちはAFの平均か、それより少し短い。中盤あたりから少しだけ甘さが出てくるため、香りの変化は少々ある。
火の調節は容易。AFらしく安定感があり、強めの火加減にしても香りが濃く出るだけで崩れたりはしない。
香りの好みを別にすれば、AFらしい煙でまずまず優秀。
 

(総評)55点

馴染みのない香りではあるが、どこかで嗅いだことのある香り。レビューが難しかった。AFのCardamonやSBのLebanese Bomb Shellと吸い比べたので、そのあたりの比較は正確だと思う。
極めて個人的な意見だが、モロッコあたりでこんな香りに出くわしたことがある気がする。やはりカルダモンだろう。ただ、AFのCardamonと比べると甘さが強めであり、この甘さに少しクセがあると思う。個人的にはAFのCardamonの方が好きだった。
万人受けする香りだとは思わないが、AFのGumやCardamonなどのクセのあるスッキリした香りが好きであれば、試してみる価値は少なく無いと思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31