シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Alchemist Blend Stoutのザックリした特徴について

現在、Alchemist Blend(以下 AB)をレビューしている。
ABにはFormula LineとStout Lineの2種類のラインがあるが、とりあえずStoutの中からStone Mint、Lemon Mint、Balck Moon Melonの3種類を試した。
前回はFormula Lineのザックリした特徴について書いたが、今回はStout Lineのザックリした特徴について書こうと思う。

まだ全て試していないので後で書き変える可能性はあるが、とりあえず煙の質や重さなどの特徴について書こうと思う。
公式HPに書いてある特徴やFormulaとStoutの違い包装についてはリンク先の記事を参照してほしい。 
 
 
(Stout Lineの概要)
Formula Lineがブライトリーフを使っているのに対し、Stout Lineはダークリーフのリジェロを使っているのが特徴
ちなみに、Stout Lineのフレーバーには、それと似たようなフレーバーがFormula Lineにある
Stone MintはAlpine Mintと、GuminatiはProfessor Gumbledoreと、Black Moon MelonはMajestic Melonと、Black BearはPolar Bearと、Lemon MintはCitrus Mintと、Double AppleはApple Dolceと対応しているように思う。
上記のどれかを気に入ったのであれば、それと対応するものも試してみると、より好みのものが見つかるかもしれない。もっとも、似たようなものをまた350g買うだけかもしれないが・・・

(シロップの量と性質)
粘り気が少なくサラサラしたシロップ。Fumariよりサラッとしている。
シロップの量はそれなり。Formula Lineのようなフレーバーごとのシロップの量のバラつきは無い。だいたいAFやSBより多く、Fumariよりやや少ないぐらい
シロップとフレーバーの色は濃い茶褐色。ダークリーフを使っている他社のフレーバーと似たような感じ。

(フレーバーのカット)
カットは割と細かい。Fumariより少し細かいぐらい。
AFの250gパッケージのように大きな茎が入っていることは無く、HAZEのように大きな葉がカットされずに丸まって入っていることも無い

画像はすべてAB、左から、Stone Mint・Lemon Mint・Black Moon Melonの順。
IMG_1208
左から、SB Vintage・Fumari・AFの50gパッケージの順。比較用に。
IMG_1085
Stone Mintだけ少しカットが細かく茎が入っていない印象だったが、ロットごとのブレの範囲内だと思う。なかなか良いカット

(煙の質や量)
Formula Lineと同じ
煙の質は結構きめ細かくスムーズ。煙の量にもボリュームがある。
ややFumariと似た感じだが、それよりもモッタリした感じが少なく、煙を吐くときのキレが良い。煙は出るが香りのノリが悪い状態にも陥りにくい
吸いごたえのボディに関してはAFに劣る。個人的には少し物足りなかったが、このあたりはノドに障る感じと紙一重なので好みの問題だと思う。
扱いやすさなども含め、かなり優秀な煙

(ベースの香り)
湿った朽木のような、心地よい落ち着いた微かに甘い香り
公式HPに「バーボンの樽で漬け込んでいるため、独特のナチュラルな風味が~」みたいな事が書いてあるが、確かに樽の香りでも納得できる。
Formula Lineと比べるとグリセリンっぽさが無く、確かにダークリーフらしい野趣味のある香りがする。フレーバーの香りに奥行きが出ていて良い。
落ち着いたベースの香りで、SBVと比べると独特さや主張の強さが無い。アメリカの会社にしては、吸っていてナチュラルで非常に馴染みが良い

(フレーバーの傾向)
ロゴやメーカー名はいかついが、意外と馴染みが良い。
ベースの香りもそうだが、フレーバー自体の香りもSBのようなケミカルさが少なく、Fumariと比べても香りのワザとらしさが少ない。AF程では無いものの、かなり吸っていて馴染みが良い。
また、全体にMint系とGum系のフレーバーが多い。多めに数えるとだが、おそらくは全20種類のうち10種類ほどがMint系かGum系のMixにあたる
今のところ、7種類ほどMint系のMixを試したが、ミントの清涼感が非常に強いものが多い。多くがナハラMizoのMintを彷彿とさせる清涼感で、シャープでガツンとくる。個人的には吸いごたえがあって結構嬉しい。

(タバコ的な重さ)
そこまで重くない。だいたいAFと同じぐらいの重さ
ダークリーフのリジェロを使っているという割に、ダークリーフを使った他の会社のフレーバーと比べると、ずっと軽い。
吸っていてグッタリしない程度の重さでダークリーフの香りを楽しめるというのは、新しくて良いと思う。

(使うボウル)
面倒が少ないのはシリコンボウルとKaloud Lotusの組み合わせだが、Phunnel系とアルミホイルと風防の組み合わせでも問題無く吸える。煙の質はやや粗くなるし調節も面倒にはなるが、ストレートでもまずまず香りが出る。割とボウルを選ばない印象で、安定感や扱いやすさは十分ある。
なお、必要なフレーバーの量は、Silikon Bowl Standardであれば約13.0~14.0グラム、Phunnel Smallであれば約12.0~12.5グラム。
上の画像のように、もとのカットが割と細かいので、良くほぐすだけでカットし直す必要は無いと思う。シロップを多めに入れる場合はカットし直さない方が良いが、このへんは好みで適当にやれば良いと思う。
ちなみに、自分はKaloud Lotusの裏にフレーバーが張り付くのが嫌いなので、気になる部分だけカットし直している。

(火の調節)
シリコンボウルとKaloud Lotusの組み合わせであれば、かなり適当にしていても香りと煙は問題無く出る。焦げたりすることも少ない。詳しくはシリコンボウルの火の調節の記事を参照。
Phunnel系とアルミホイルで作る場合の火の調節は、こちらの記事を参照。
Fumariはシロップを入れ過ぎると煙は出るが香りのノリが悪い状態に陥りやすいため、火の調節などに工夫が必要だが、そういったことは無い。これについては、Fumariの作り方についての記事を参照。

(個人的な感想)
上記のように、ケミカルさが目立たない馴染みの良いベースの香りとフレーバーの香り、きめ細かくボリュームのある煙、調度良いタバコ的な重さでダークリーフの香りを楽しめる点、火の調節が容易で扱いやすい点など、ロゴやメーカー名のいかつさの割に結構な優等生
AFと比べると煙自体の吸いごたえにはボディが無いが、そのあたりをミントの清涼感の強さなどでカバーしようとしていたり、工夫も感じられる。
悔やまれる点と言えば、350gのパッケージしか無いので手を出しにくいところだろうか。一応100gのパッケージも存在するようだが、主だった通販サイトでは取り扱いがない。
個人的には確かにバーボンの樽を思わせる、ナチュラルで落ち着きのあるベースの香りが高評価だった。こだわりと背後のストーリーが感じられる。
今のところ大ハズレも無いし、何だかんだ良く出来ている。恐れずに試してみて欲しい

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31