シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Alchemist Blend Stout / Lemon Mint(強めの清涼感と穏やかなLemon系の香りの相性が良い)

time 2016/03/12

Alchemist Blend Stout / Lemon Mint(強めの清涼感と穏やかなLemon系の香りの相性が良い)

香りについて

いくらかラムネ菓子っぽさがあり、人工的ではあるが分かりやすいレモンの香り。
他社のLemon系と比べると酸味やビターさのようなテイストが控えめで、そのぶんスッキリした甘い香りが少し強い。FumariのLemonを濃くしたような香りで、Citrus系としては全体にやや穏やかな仕上がり。
そこに、吸うときにノドがヒンヤリするシャープな清涼感が混じる。Alpine MintやAB StoutのStone Mintと似ており、ナハラMizoのMintを思い出させるクリアでキレのある強い清涼感。ABのMint系のMixは総じて清涼感がシャープで強めだが、これも同じ。
この強い清涼感のおかげで、レモンの香り自体は他社よりもソフトだが、全体に非常にシャープでキリッとしたLemon Mintに仕上がっている。
なお、ベースの香りは中盤から少し強めになるが、清涼感に隠れて少し控えめ。レモンの香りの後ろに、ホンノリと甘い朽木のような落ち着いた香りが微かに感じられる。
強めの清涼感と穏やかでスッキリしたLemon系の香りの相性が良い。ソツなく良く出来ている。
 

煙について

煙の量や質はABの平均。ノドに障りがちなCitrus系としては、煙の質は非常にスムーズ。
序盤はシャープな清涼感が強いため、ボディのある吸いごたえが楽しめる。中盤あたりで清涼感が薄れ始めてレモンの香りが強くなるため、穏やかな吸いごたえになる。1本のバランスを考えると、まずまず悪くない変化だと思う。
タバコ的な重さはAB Stoutの平均。AFと同じか、それよりわずかに軽い程度。ダークリーフを使ってはいるがグッタリくるような重さは無い。
香りの持ちはトータルで見ればABの平均。ただし、上記のように中盤あたりで清涼感が薄れ始めてレモンの香りが強くなるため、香りの変化は少々ある。
火の調節は容易で安定感は問題無い。ただし、シロップが多すぎると、序盤で煙は出るが香りのノリが悪い状態に陥ったり、後半でグリセリンの香りが目立ったりする。
とはいえ、表面を毛羽立てて詰めたり蒸らし時間を少し長くするだけで容易に解決するので、Fumariほど厄介ではない。
安定感が少し気になるが、他はまずまず楽しめる煙。
 

(総評)84点

ナハラのIce Lemon Mintのような強い清涼感のレモンミントが好きなので、かなり楽しむことができた。
ただ、中盤を過ぎて清涼感が薄れてからの香りは、ボディのあるCitrus系にボディのある吸いごたえを求める人には物足りないかもしれない。
自分も中盤以降でいくらかの物足りなさを感じることがあったが、それまでの強い清涼感による吸いごたえの良さや、ダークリーフによるベースの香りや適度な重さなどは良かった。タバコ的な重さの加減から、AB FormulaのCitrus Mintよりも個人的にはこちらの方が好きだった。
ちなみに、ナハラやAFのLemon系と比べると、これの方が全体に香りが今っぽい。ただ、清涼感の強さや吸うときのノドのヒンヤリ感などは、ナハラのIce Lemon Mintと似た方向性を感じる。FumariのLemon Mintは清涼感もレモンの香りも穏やかで、全体にソフトさに特化した感じの仕上がりだったので、これとは大きく違った出来。
とはいえ、このへんは好みの問題だと思う。Lemon Mintは各社から色々と出ており、どれも微妙な違いがあるので、どれが好きかは実際に吸って確かめるしか無い。
ビターテイストが控えめでスッキリとしていてシャープなLemon Mintを探しているのであれば、試す価値は大きい。
何だかんだで、結構オススメ。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031