シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Alchemist Blend / Nectar of the Gods(SBBのPeach系Mixと似た、今どきのWhite Peach系)

time 2016/05/27

Alchemist Blend / Nectar of the Gods(SBBのPeach系Mixと似た、今どきのWhite Peach系)

香りについて

香りはハッキリしているが、ややケミカルさが目立つPeach系。
ピーチ味のタブレット菓子の香りと、ジュースのネクターの香りを半々で混ぜたような香りで、SBBにありそうな今どきのWhite Peach系といった感じ。
煙を吐く際にスッとしたキレが感じられるのが特徴で、このおかげで甘さは強めだが全体としてはややスッキリとした仕上がり。このあたりの作りが、SBBのPeach MistやBlack Peach Mistなどと似ている。
ただ、SBBのPeach系Mixと比べるとスッとしたキレのケミカルさが控えめで、まずまず吸いやすい。また、時間が経つとスッとしたキレが薄れて少しだけ馴染みが良くなり、AFSEのJuicyを思い出させる香りになる。
AFSEのJuicyやFumariのWhite Peachのような完成度の高さこそ無いが、今どきのWhite Peach系としての及第点はクリアしている。
 

煙について

煙の量はABの平均。煙の質はABの平均か、それに少し劣る。他のABのフレーバーと比べると、火加減を弱めにしないとノドに障る感じが出る。
タバコ的な重さはABの平均。おおよそAFの1/2ぐらいの重さで、Fumariより少し重い程度。
香りの持ちはABの平均。安定感は他のABのフレーバーに劣る。
弱めの火加減でないと煙が粗くなるため、使うボウルを選ぶ必要がある。Alien Bowlなどの底の浅いボウルでは調節が難しい。シリコンボウルとKaloud Lotusの組み合わせであっても、StarBuzz Phunnel Silicone Bowlのような底の浅いボウルだと、調節に気をつかう。
煙の質と安定感に不満が残る。
 

(総評)75点

個人的には、Peach系だとAFSEのJuicyやFumariのWhite Peachが好きなので、少し期待ハズレだった。決してマズくは無い。
SBBから似たような系統のPeach系Mixが山ほどリリースされているので、この手の香りは間に合っていると感じてしまった。煙の質がABとしては少し粗めなのも気になる。
一応、SBBと比べるとケミカルさが控えめであり、スッとしたキレのあるPeach系でケミカルさが控えめなものは珍しいので、そういった意味では悪く無い。また、少し時間が経ってケミカルさが消えてからの香りも、まずまず馴染みが良く楽しめる。
ただ、やはり各社がシノギを削る定番のPeach系の中でこの仕上がりというのは、安定感なども含めて少しインパクトに欠ける。AFSEのJuicyやFumariのWhite Peachがある今、あえてこれを買う理由があるかと言われると、ちょっと疑問。
個人的には、Peach系では上に挙げた2つから試すことをオススメするが、スッキリめで香りのハッキリしたPeach系を求めているのであれば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930