シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher Golden / Fresh Mint(AFのMintをクリーミィで穏やかにした感じ、非常に美味しい)

time 2016/07/16

Al Fakher Golden / Fresh Mint(AFのMintをクリーミィで穏やかにした感じ、非常に美味しい)

香りについて

AFのMintを全体に穏やかで上品にした感じ。
基本的にはAFのMintと良く似ているが、クリーミィでホンノリした甘さが感じられるのが特徴。このテイストはAFのCream with Mintと似ており、それを1/3程度に薄めたような感じ。AFのMint:Cream with Mint=3:1ぐらいのMixを想像してもらうと良い。
鼻を抜けるツンとしたグリーンな香りは弱め。清涼感の強弱は火加減によって変わるが、だいたいAFのMintと同じかそれより少し弱いぐらい。
クリーミィでホンノリした甘さのおかげでAFのMintよりも穏やかさが感じられるが、メインはやはりMint系であり、全体として見るとスッキリと仕上がっている。
ちなみに、生の状態のフレーバーからはスペアミントのような香りがするが、実際に吸ってみるとほとんど感じられない。
ホンノリしたCream系のテイストのおかげで、全体に穏やかで上品な仕上がりになっており、何となく上位ラインのGoldenらしいと思った。
AFのMintは既に世界中で定番化して親しまれているが、それと甲乙つけがたい出来。良く出来ている。
 

煙について

煙の量はAFの平均。煙の質はAFの平均より少し良い。上記のようなCream系のテイストのおかげで、煙の質が少しスムーズになっている。
タバコ的な重さはAFの平均。重すぎず軽すぎず、適度な満足感があって調度良い。
香りの持ちはAFの平均。ホンノリした甘さよりも少し早く清涼感がピークアウトするため、香りの変化は少々。許容範囲内ではある。
火の調節は容易。適当に調節していても焦げたりはしにくいが、フレーバーの特徴を出すには少し弱めの火加減の方が良いと感じた。ちなみに、火加減を強くすると清涼感が強く出る。
煙の質、吸いごたえの満足感ともにAFらしく、非常に楽しめる煙。
 

(総評)95点

個人的にAFのMintとCream with Mintが非常に好きであるため、かなり楽しめた。
AFのMintが力強い感じとするならば、こちらはその原型を保ちつつもより穏やかで上品な感じになっている。
正直、驚くような変化や違いは無いが、そのぶんAFのMintと同様に飽きのこない香りで、日用品として非常に優秀な出来だと思う。
風変わりな特徴を加えて他社との差別化を図るのは簡単だが、そういうフレーバーは何度か吸っていると飽きる。このように王道から外れることなく定番を洗練するのは難しいことだと思う。AFの開発力を感じる。
これとAFのMint、どちらもMint系の1つの完成形だと思うので、どちらが好きかは好みの問題だろう。個人的にはどちらも好きだった。ちなみに、95点と非常な高得点をつけたが、個人的な好みによるバイアスが全開のアテにならない数字である。
値段もAFのMintと変わらないし、今後も定期的に買うと思う。個人的に好みのMint系の選択肢が1つ増えて、非常に嬉しい。
AFのMintが好きであれば、試す価値は絶対にあると断言できる。オススメ。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30