シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Jasmine(何となく中国茶っぽい香り、肝心の花の部分の香りが薄い)

time 2016/09/04

Al Fakher / Jasmine(何となく中国茶っぽい香り、肝心の花の部分の香りが薄い)

香りについて

薄っすらとした華やぎのある香りと少々の甘さ。
メインは何となく中国茶っぽい香りで、煙を吐き終えるときにジャスミンの香りが鼻を抜ける。
家に割と良いジャスミンティーの茶葉があったので急須で淹れて比べたが、花の部分の香りが薄い。
香りの弱いティーバッグの安いジャスミンティーであれば、まずまず似ている気もするが、それでもホンノリした甘さがお茶っぽさを邪魔していると感じる。
もっとも、あまり香りが濃すぎてもやり過ぎ感やワザとらしさが出てしまうので、まぁ仕方ない気もする。ただ、個人的にはもう半歩踏み込んでくれればと思った。
ケミカルさ、Rose系のようなマッタリした強い花の香りなどは無いので、クドさは感じにくい。
生の状態では割と実物のジャスミンティーらしい香りがしたのだが、残念である。
 

煙について

煙の量はAFの平均。煙の質は少しドライな感じで、AFの平均に少し劣る。
フローラル系の香りで甘さを控えめにすると、序盤でノドに障る煙の質になることが多い。中盤にさしかかるあたりで落ち着くが、このあたりはナハラのJasmineと同じ。
タバコ的な重さはAFの平均。おおよそSBの1.2~1.3倍、Fumariの1.4~1.6倍ぐらいの体感。
香りの持ちは、トータルで見ればAFの平均。ただ、中盤からは中国茶っぽい香りが強くなるため、香りの変化は少々。
安定してからの火の調節は容易。ただし、AFの他のフレーバーよりも最初の蒸らし時間を1~2分ほど長めにとる方が序盤の煙のトゲが目立たなくなるので、少々のコツがある。
最初の蒸らし時間などで改善するが、やや序盤の煙の質が気になる。
 

(総評)55点

全体としては中国茶っぽい香りではあるものの、肝心のジャスミンの花の部分の香りが薄い。また、序盤の煙の質も気になる。
個人的にJasmine系に思い入れが無いというのもあるが、Jasmine系にはコレといったアタリが無いと感じる。
香りだけで見ればナハラのJasmineも良いが、煙の質が粗い。強いて挙げるなら、FumariのJasmineが良いかなぁという程度。
クドさは無いので、何となく中国茶っぽい香りをスッキリと楽しみたいのであれば、試してみても良いかもしれない。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31