シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Alchemist Blend Straight / Vanilla(香り自体は甘いがノドに残るクドさが無く、意外とスッキリ)

time 2016/09/26

Alchemist Blend Straight / Vanilla(香り自体は甘いがノドに残るクドさが無く、意外とスッキリ)

香りについて

香り自体はバニラなので甘めだが、舌やノドに感じる甘さは控えめ。
他社のVanilla系だとバニラらしい甘さを表現するためか、どことなくクリーミィな甘さがあったりするが、そのあたりが少し控えめ。
また、AFのVanillaには、バニラの香りとも違った何か漠然とシーシャっぽい香りと舌やノドで感じる甘さがあったが、そのあたりも控えめ。
そのため、AFのVanillaあたりと比べると、こちらの方がよりバニラの香りの輪郭が鮮明でハッキリしている。分かりにくいと思うが、割とCNのVanillaと似た作り。
なお、火加減にもよるが、序盤のみ少しだけノドの奥に渋味のようなテイストを感じる。これは他社のBanana系にあったバナナの白いスジのようなテイストと似ている。もっとも、AFのVanillaにも感じられたので、バニラの香りの一部だろうと思う。
下記のような煙の質も相まって、香り自体は甘いがノドに残るクドさなどは無く、意外とスッキリ吸える。
 

煙について

煙の量と質はABの平均。
スムーズだがFumariのようなモッタリした煙の質感は無く、舌やノドで感じる甘さが控えめな香りと相性が良い。
タバコ的な重さはAB Formulaと同じで、Fumariよりも少し重いぐらい。AFやAB Stoutより軽い。
香りの持ちはABの平均より短い。AB Formulaのフレーバーのいくつかと同様、時間が経つと大きく体積が減る。そのため、最初に少し多めに圧縮気味に詰めて作ることで、後半の伸びが良くなり持ちが改善される。
安定感は他のABに少し劣る。Vanilla系は火加減が難しく、火が強すぎるとノドの奥で感じる酸味が出て崩れることが多い。弱めの火加減から吸い始めて様子を見る方が無難。
香りの持ちや安定感を除けば、煙の質と香りとの相性などは良い。
 

(総評)65点

個人的にはVanilla系に思い入れが無いが、まずまず楽しめた。
スムーズだが割とサラッとした煙の質で、ノドに残るクドい甘さも無いおかげで、香り自体は甘いが割とスッキリと吸えたからだと思う。
また、ABの他のフレーバーと比べると安定感に欠けるが、AFのVanillaほどは火の調節が難しく無いのも扱いやすいと思った。
クリーミィな甘さ、それによるバニラクリームなどのお菓子っぽさのイメージのしやすさ、そのあたりを求めるならAFのVanillaが良いだろう。
舌やノドで感じる甘さの無い、バニラエッセンスのようなリアリティを求めるなら、これを試すと良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31