シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Lemon with Mint(清涼感のおかげでカドが抑えられており吸いやすい)

time 2016/09/30

Al Fakher / Lemon with Mint(清涼感のおかげでカドが抑えられており吸いやすい)

香りについて

名前のとおり、AFのLemon:Mint=1:1ぐらいでMixした香り。
レモンの香りはAFのLemonそのままで、それを1/2ぐらいに薄めた感じ。ビターさは控えめだが酸味のようなテイストが強めで、まずまずボディのある吸いごたえ。
そこにやや弱めの清涼感が混じる。AFのMintと比べるとやはり弱めで、煙を吐くときに少しヒンヤリする程度。
このホンノリした清涼感のおかげで、AFのLemonにあったハードなノドへの当たりやドライさが抑えられており、吸いやすい。
FumariのLemon Mintは穏やかさが特徴であり、AB StoutのLemon Mintはシャープな清涼感ながらも煙の質はソフトだった。それらと比べると、やはりクラシックな作り。
HAZEあたりのCitrus系のMixと比べると、ケミカルさが無いためラムネ菓子のようなお菓子っぽさが無く、吸っていて馴染みが良い。
ちゃんとLemon系らしい香りがありながら、清涼感のおかげでカドが抑えられている。クラシックなLemon系の中では優秀なMixのバランスだと思う。
 

煙について

煙の量と質はAFの平均。AFのLemonの煙の質のことを考えれば、煙の質はスムーズな部類。
個人的には、Citrus系における少々のノドへの当たりは酸味などの表現で、吸いごたえの一部だと思っている。このあたりは好みの問題。
タバコ的な重さはAFの平均。Fumariより重く、SBよりも少し重いぐらい。
香りの持ちはAFの平均か、それより少し短い。AFのLemonと比べると、やはり少し短命だと感じた。
火の調節は容易。AFのLemonは火加減が強すぎると酸味の感じが強く出過ぎたりしたが、そういったことは無い。
ミントの清涼感によって吸いやすくなっているが、AFらしい吸いごたえの良さは健在。香りの持ちに少々の不満はあるものの、楽しめる煙。
 

(総評)76点

AFのLemon単体よりも、こちらの方が好きだった。
Lemon系らしいサッパリした香りとAFらしい吸いごたえの良さを残しながら、カドを落として吸いやすくなっており、バランスが絶妙で良い。
ちなみに、AFのBlueberry MintもMixのバランスが良く、AFのBlueberry単体よりもスッキリしていて好みだった。このあたりのバランスの絶妙さに関しては、やはり老舗の実力を感じる。
Fumariなどをメインに吸う人の場合は煙の質が粗くノドへの当たりがハードだと感じる可能性はあるが、自分のように馴染みのよい香りやAFの煙が好きな人であれば気にいると思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31