シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Pineapple(パイナップル入りの野菜ジュースのパイナップル部分の香り)

time 2016/10/23

Al Fakher / Pineapple(パイナップル入りの野菜ジュースのパイナップル部分の香り)

香りについて

実物のパイナップルと駄菓子のパイン飴の中間ぐらいの香り。
ちょっと分かりにくいが、パイナップル入りの野菜ジュースのパイナップル部分の香りという感じか。割とサッパリしており、ノドに甘さが残ることなどは無い。
煙を吐き終えるときに、微かに酸味のようなテイストがノドで感じられるのが特徴。実物のパイナップルを口に入れた時の、ジワッとする感じを少し思い起こさせる。
そのため、パイン飴のような香りとイチヤクソウの香りのMixだったSBのBlue Suferと比べると、それなりに実物に寄った香りに仕上がっている。
なお、AB StraightのPineappleはこれよりも駄菓子っぽい甘さが控えめで香り自体の出来は良かったが、煙の質に少々の問題があった。
酸味の加減が絶妙で駄菓子っぽさが控えめ、煙の質も問題無い。AFらしい手堅くソツのない作り。
 

煙について

煙の量はAFの平均。煙の質はAFの平均か、それに少し劣る。
煙を吐き終えるときに微かに酸味のようなテイストがあるせいか、火が強すぎるとノドに障る感じが出てしまうが、開封したてのAB StraightのPineappleと比べれば全くの許容範囲内。
タバコ的な重さはAFの平均。サッパリめの香りなので、実際以上に重く感じたりすることは無いだろう。
香りの持ちはAFの平均か、それより少しだけ長い。
火の調節は少しだけ気を使う必要がある。火が強すぎるとノドに障る感じが強く出てしまう。
シリコンボウルとKaloud Lotusの組み合わせであれば割と適当でも大丈夫だが、陶器のPhunnel系とアルミホイルでは弱めの火加減から様子を見た方が無難。
いくらか煙の質に気になる点はあるが、火加減で何とかなる。その他はAFの平均で、吸いごたえなど楽しめる煙。
 

(総評)77点

Mixでない単体のPineapple系としては良く出来ていると思う。
AB StraightのPineappleは開封したてだと、長時間ハイペースで吸っていると気管が痛くなったが、そういった問題もない。
もっとも、AB StraightのPineappleも、開封して2~3日ほど放置したり、最初にシッカリと蒸らしたりすることで大きく改善するし、香りの出来自体は非常に良い。
個人的にはPineapple系では、SBのBlue SurferSBBのTropicoolなんかも好きだが、あれらはイチヤクソウの香りやミントとのMixである。
本当はHookafinaのPineappleとも比較したかったのだが、手元に無かったので吸い比べることができなかった。そのうちやりたい。
ちなみに、香りの輪郭がハッキリしているのでMixにも使いやすい。極めて月並みだが、これ:AFのMint=1:3~4 ぐらいでMixしたものが結構お気に入り。
Pineapple系は各社いろいろあり、どれも一長一短という感じだが、その中で目立った欠点など無く平均点以上にまとまっている。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031