シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Alchemist Blend Straight / Pineapple(香り自体の出来は良い、開封してから3日ほど放置する必要があった)

time 2016/10/26

Alchemist Blend Straight / Pineapple(香り自体の出来は良い、開封してから3日ほど放置する必要があった)

香りについて

SBあたりのPineapple系はパイン飴っぽい香りのものが多いが、それらよりも実物のパイナップルに近い香り。
他社のものより甘さにスッキリとした透明感があり、酸味っぽいテイストが強め。
また、煙を吐き終えたあとの余韻が非常に優秀で、実物のパイナップルを飲み下した後の口中の残り香を彷彿とさせる。
AFのPineappleも微かな酸味っぽさのおかげで、まずまず実物っぽい香りだったが、余韻の点でこちらの方がより実物らしい仕上がり。
なお、SBのBlue SurferSBBのTropicoolはパイン飴のような香りで、ハッキリしていて分かりやすいものの、お菓子っぽさも強い。
下記のように煙の質まわりに少々の問題があるが、香りの出来は非常に良い。
 

煙について

煙の量と質はABの平均。
ただし、開封してすぐのものを吸うと、ノドというかその先の気管への刺激が非常に強い。ロットごとのブレの可能性もあるが、香料の浸透や抽出に使うアルコールかのせいだろう。開封したてをハイペースで吸うのは非常にキツかった。
開封したものをジップロックに入れて3~4日ほど経ったあたりで、この刺激は無くなった。吸ってみて違和感があったら、ジップロックの中で良いので3日ほど放置すると改善する可能性がある。
タバコ的な重さはABの平均。AB Formulaと同じで、Fumariよりもわずかに重い程度。
香りの持ちはABの平均より長く、火の調節も容易。このあたりは良い。
上記のように幾らか気をつける点があるものの、それを除けば香りや持ちは良い。
 

(総評)78点

上記のように煙の質まわりで注意すべき点があるが、香り自体の出来は良い。
とは言え、これもロットごとのブレの可能性があるし、開封して3日ほど放置したり、最初にシッカリと蒸らしたりすることで大きく改善する。致命的な問題では無い。
そのあたりの面倒臭さを除けば、他社のPineapple系よりも実物のパイナップルらしい香りなので、良く出来ていると感じた。特に煙を吐き終えたあとの余韻が優秀だった。
個人的にはPineapple系はどの会社のフレーバーも一長一短だと思っていたが、香りだけなら、その中では頭半分ほど抜け出た出来だと思う。
上記のように幾らか気をつける点はあるものの、Pineapple系でアタリを探しているのであれば、非常に有力な選択肢になると思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31