シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Ugly / Ma-Wardi(FumariのWhite PeachとAFSEのJuicyの中間、ややAF寄り)

time 2017/04/22

Ugly / Ma-Wardi(FumariのWhite PeachとAFSEのJuicyの中間、ややAF寄り)

香りについて

FumariのWhite Peachと似た香りだが、煙の質などを含めるとややAFSEのJuicy寄りといった感じで、シーシャのピーチ然とした香り。
マッタリした丸みのある甘さが強く、SBやSBBなどのPeach系 Mixで見られる少々のキレ感がある今どきっぽいPeach系とは違った仕上がり。
ただ、FumariのWhite Peachと比べると煙のウェットさが控えめであるため、やや甘さがノドに残る感じがある。もっとも、煙の質が非常にウェットなFumariと比べてそうというだけであり、全体の平均から見ると普通。
Uglyは定番の香りを踏襲してリファインしたような、王道的な作りの香りが多いが、これも同様。妙にストイックだと思う。
FumariのWhite PeachやAFSEのJuicyの出来が良く、それと比べると後出しでインパクトに欠けるが、最低限の出来はクリアしている。

煙について

煙の量と質はUglyの平均。
FumariのWhite Peachと比べると、ウェットさの関係で少しノドに甘さが残る感じがあるが、火加減で何とでもなるレベル。
タバコ的な重さはUglyの平均で軽め。おおよそSBと同じぐらい、AFの1/2~2/3ぐらいの重さ。Fumariより少しだけ重い。
香りの持ちはUglyの平均で、割と長め。時間による香りの変化なども無く、もともと濃いめの甘い香りであるため一定して長く続く。
安定感はUglyの平均か、それに少し劣る。強めの火力で維持していると甘さが強く出過ぎてノドに障るので、気持ち低めの温度で維持するのが無難。
目立った欠点などは無い無難な煙。個人的には、この香りであればFumariの煙の質の方が相性が良い気もするが、このへんは好みの問題。

(総評)81点

個人的にFumariのWhite Peachは非常に良く出来ていると思っているので、これも楽しめた。
ただ、個人的にはこの香りであればFumariの煙の質の方が相性が良さそうな点、流通などの入手性の点で、Fumariに軍配が上がる気がした。
どれか1つあれば事足りる気もするが、FumariのWhite PeachAFSEのJuicyが好きであれば、やはりこれを試す価値はある。煙の量や質の好みでFumariかAFSEかUglyかを選ぶのが良いと思う。
より好みの香りと煙の質のクラシックなPeach系が見つかる可能性がある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031