シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Ugly / Blue Magic(サッパリめのBlueberryの香り、作りが渋い)

time 2017/05/08

Ugly / Blue Magic(サッパリめのBlueberryの香り、作りが渋い)

香りについて

ブルーベリーの香り。ナハラ MizoとSBのBlueberryの中間、ややナハラ寄りといった感じ。
ナハラ MizoのBlueberryは、他社のBlueberry系よりマッタリした甘さが控えめで、全体に少しスッキリしている。
ただ、ナハラ Mizoと比べると香りの輪郭がハッキリとしていて、そのぶん少々のケミカルさがある。また、甘さもそれより少し強い。
そのため、基本的にはナハラ Mizoと似ているが、それより少し今どきっぽいSBのBlueberry寄りの仕上がりであると感じる。
なお、煙を吐き終えるときに少しフローラルな香りが感じられる、AB StraightやFantasiaあたりのBlueberryとは異なる作り。
ナハラ MizoのBlueberryもSBのBlueberryも良く出来ているので、これも良く出来ている。

煙について

煙の量と質はUglyの平均か、それより少し良い。
他のUglyのフレーバーより、少し煙の質がウェットでボリュームもあるように感じる。
タバコ的な重さはUglyの平均で軽め。SBと同じぐらい。AFより軽く、Fumariよりは少し重い。
香りの持ちはUglyの平均で長め。Uglyのフレーバーは総じて香りの持ちが良いが、これも同様。
安定感はUglyの平均。あまり調子に乗って高温で維持していると焦げるが、SBのスタンダードラインよりは安定感がある。ABあたりの他のウォッシュドのフレーバーと同じように調節していれば問題無い。
煙の量や質、香りの持ちなど、全体に優秀な煙。

(総評)76点

個人的にAFのBlueberryは少しマッタリした甘さが強すぎると感じるので、ナハラ Mizo寄りのこれはBlueberry系の中では好みの作りだった。
Uglyはクラシックなシーシャの香りをストイックに作り直したフレーバーが多い印象だが、それにしても今になってナハラ MizoのBlueberryに似たフレーバーを持ってくるというのは、非常に渋いなぁと思った。
Blueberry系は各社から出ており、それぞれ色々と特徴があって仕上がりが異なる。好きであれば、色々と吸い比べてみると面白いと思う。
サッパリめであればナハラ Mizoやこれを、マッタリめであればAFのBlueberryを、甘めで香りの輪郭がハッキリしたものであればSBのBlueberryを、少し変わった華やぎのあるものであればFSやAB StraightのBlueberryを選ぶと良いだろう。
もっとも、ナハラ MizoのBlueberryも最近は入手しにくいので、人によっては逆に新鮮かもしれない。
Blueberry系が好きであれば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031