シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Ugly / Cinnamon Blast(シナモンガムの香り、実物のシナモンの舌への刺激を思わせるチクチク感がある)

time 2017/05/24

Ugly / Cinnamon Blast(シナモンガムの香り、実物のシナモンの舌への刺激を思わせるチクチク感がある)

香りについて

シナモンガムの香り。Cinnamon系:Gum系=3~4:2ぐらいの配分だろうか。
Cinnamon系の香りは少しノドにチクチクする感じがあり、実物のシナモンの舌への刺激を思わせる。
このあたりのチクチク感は、ナハラのCinnamonのようなクラシックなCinnamon系を思わせる懐かしい出来。ノドに障る感じと紙一重ではあるが、火の調節で何とでもなるレベル。
チクチク感のおかげで、最近のアメリカの会社から出ているCinnamon系やマッタリした甘さのChai系より、甘さが控えめでスパイシーさやエッヂが感じられる。
Gum系の香りには、Spear Mint系の香りと歯磨き粉っぽい厚みのある人工的な甘さがある。AFのGumと似た感じだが、清涼感がほとんど無い点とそれより少しソソフトな点で異なる。
クラシックなCinnamon系で作ったシナモンガムのMix。

煙について

煙の量はUglyの平均。煙の質はUglyの平均か、それに少し劣る。
実物のシナモンの舌への刺激を思わせるチクチクした感じがあるため、強めの火加減だと少々ノドへの当たりがある。もっとも、これはクラシックなCinnamon系の特徴でもあるので、好みの問題。
タバコ的な重さはUglyの平均。SBのスタンダードラインと同じぐらいの重さ。AFの1/2~2/3ぐらいの重さで、Fumariより少し重いぐらい。
香りの持ちはUglyの平均。Uglyのフレーバーは総じて香りの持ちが長いが、これも同様。香りの変化も少なく、一定して薄れていく。
安定感は問題無い。Kaloud Lotusであれば、適当にしていても崩れたりはしない。少し弱めの火加減で維持する方がノドへの当たりは少なくなる。
香りの特徴を考えればこんなものだろうな、という煙。

(総評)72点

個人的にCinnamon Gumに思い入れが無く、どちらかと言うと苦手な香りであるため、点数は低めになってしまった。
こういう実物のシナモンっぽいチクチクした感じのあるクラシックなCinnamon系の香りは、最近のフレーバーには珍しく、その点は評価できる。
ただ、これだったらシナモンガムにせずシナモン単体で出してくれた方が、Mixなどの使い勝手が良かったのではないかと思ってしまう。
なお、シナモンガムの香りは、これの他にAFのGum with CinnamonやSBのSpicy Redがあるが、これの方がCinnamon系の香りがクラシックな印象でチクチク感が強い。
今どきっぽいソフトなシナモンの香りだが全体にスパイシーな仕上がりのものであればSBのSpicy Redを、Gum系の香りが少し強めのものであればAFのGum with Cinnamonを選ぶと良いだろう。クラシックなCinnamon系の香りを楽しみたいのであれば、これを選ぶと良い。
もっとも、そこまで万人受けするMixだとも思えないので、基本的にはCinnamon Gumが好きならという感じ。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031