シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Kashmir Cherry(やや酸味の強いケミカルなCherry系の香りと、穏やかなSpice系の香り)

time 2017/08/02

Tangiers Noir / Kashmir Cherry(やや酸味の強いケミカルなCherry系の香りと、穏やかなSpice系の香り)

香りについて

やや酸味の強いケミカルなCherry系の香りと、穏やかなSpice系の香り。
煙を吐き終えた後の余韻で、TangiersのKashmir Blueと似たターメリックのような穏やかなSpice系の香りを感じるが、それよりもずっと薄い。
そのため、そこまで強い主張は無くベースの香りと一体になっており、全体にTangiersのフレーバーっぽいなぁという印象を強めている。
Cherry系の香りには、TangiersのMaraschino Cherryと同じ香料が少し使われているようで、シロップ漬けや缶詰のチェリーっぽさやケミカルさがあるが、Maraschino Cherryよりは控えめ。
ただし、TangiersのDark Cherryと比べると、やはりシロップ漬けや缶詰のチェリーっぽさやケミカルさが強く、また酸味のようなテイストがハッキリしている。
シロップ漬けのようなハッキリしたCherry系の香りに、少々の酸味と穏やかなSpice系の香りでアクセント付けといった作り。

煙について

煙の量はTangiersの平均。煙の質はTangiersの平均か、それに少し劣る。
酸味のようなテイストがあるため、それによるノドへの当たりの強さがある。酸味の強いフレーバーが好きな人なら、吸いごたえとして受け取れる範囲。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重め。SBVより重く、TFDより少し重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいの重さか。
香りの持ちはTangiersの平均か、それよりわずかに短い。香りの変化は少なく、最後まで一定して香る。
安定感はTangiersの平均か、それに少し劣る。調節自体は簡単だが、いくらか弱めの火加減で維持しないと、酸味のようなテイストが強く出過ぎて何の香りだか分からなくなる。
酸味のあるフレーバーであることを考えれば、まぁこんなものか、という煙。

(総評)60点

酸味と微かなSpice系の香りがアクセントになった、ボディのある一風変わったCherry系。
Tangiersからは、商品名にKashmirがつくフレーバーが何種類か出ているが、まだこれの他にはKashmir Blueしか試したことが無い。
そのため、ターメリックのような穏やかなSpice系の香りが、Kashmirと名のつくフレーバーの特徴だとは思うが、ハッキリとは把握できていない。
これについては、もう何種類か試してみてシッカリと把握できたら、また書き直したい。今後の課題。
なお、TangiersのCherry系にはこれの他にMaraschino CherryDark Cherryがあるが、どれも特徴的と言うかクセが強く、いまいちオススメしづらい。
クセの無さや吸いやすさを考えると、Cherry系の中ではFumariのCherryAFSEのLovely Cherryあたりが、ファーストチョイスとして無難な気がする。
ボディのあるCherry系、Spice系のアクセントを楽しみたいのであれば、試してみても良いかもしれない。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728