シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Green Apple Candy(やや分かりにくいが、少しだけ焦がして作った砂糖飴のような香りが特徴)

time 2017/08/09

Tangiers Noir / Green Apple Candy(やや分かりにくいが、少しだけ焦がして作った砂糖飴のような香りが特徴)

香りについて

弱めの火加減で維持する必要があり、やや分かりにくいが、割とキャンディっぽい香りがするのが特徴。
メインはスッキリした赤リンゴのようなボンヤリした甘い香りで、青リンゴ味のガムや緑色のリンゴゼリーのような香りが微かに鼻を抜ける。
生の状態のフレーバーからは緑色の青リンゴゼリーのような香りが強めにするが、実際に作ってみると赤リンゴっぽい香りの方が強い。
煙を吐き終えるときと余韻とに、少しだけ焦がして作った砂糖飴のような、微かな香ばしさのある漠然としたソフトな甘さが感じられるのが特徴的。
このあたりの香りは確かにキャンディらしく地味に出来が良いと思うが、火加減によっては全く出てこなかったり、ややApple系の香りの甘さに押され気味だったりで、そこそこ分かりにくい。
ちなみに、AB OriginalのApple Dulceのようなハッキリした分かりやすいキャラメルの香りなどは無い。
やや分かりにくいが、慣れてくると確かにGreen Apple Candyで納得の香り。

煙について

煙の量と質はTangiers Noirの平均。
ただし、下記のように火加減が強すぎると酸味が出てしまい、香りも煙の質も崩れる。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重め。Lavoo Heritageよりは軽いが、AB StoutやSBVよりずっと重い。FS Castroと同じぐらい。
香りの持ちはTangiers Noirの平均か、それより少し長い。赤リンゴっぽい香りが割と長く続く。香りの変化は少ない。
安定感はTangiers Noirの平均か、それに少し劣る。他のTangiersのフレーバーより、さらに少し弱めの火加減で維持する必要がある。火が強すぎると酸味が酸味が出て、キャンディっぽい香りが全く分からなくなり、煙の質も崩れる。
香りの持ちが長めなのが良い。火加減に気をつければ、煙の量や質も割と良い。

(総評)68点

商品名にはGreen Appleとあるが、思ったより赤リンゴっぽい香りが強かった。
ABのApple DulceやGLのCandy Appleなど、Apple Candy的な商品名のフレーバーは他社からも幾つか出ているが、どれもパッとしない出来。
それらと比べると、火の調節に気をつかう必要はあるものの、赤リンゴっぽい香りとキャンディっぽい香りが感じられやすいと思う。もっとも、それでも少し全体にボンヤリした甘さが支配的で、やや分かりにくい気はするが。
ちなみに、青リンゴと言われてパッと想像する香りであれば、これよりAFSEのHookah Matataが分かりやすくて良いと思う。
リコリスやアニスの香りの無いApple系のMixが好きなら、試してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031