シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Sour(酸っぱいウッディな香り、あるいは木に生ったベリーのような香り)

time 2017/08/11

Tangiers Noir / Sour(酸っぱいウッディな香り、あるいは木に生ったベリーのような香り)

香りについて

メインは酸味のようなテイストで、背後に薄っすらとウッディな香りが感じられる。
おおよそ、酸味:ウッディな香り=8:2ぐらいの配分で、商品名のとおり全体に酸味が支配的。
酸味のようなテイストはCitrus系に特有のものに近く、AFのGrapefruitの酸味をより強くした感じ。火加減にもよるが、結構酸っぱい。
ウッディな香りは薄っすらとしており、SBBのGreen Saviorの香木っぽさやSBのLebanese Bomb Shellのようなヒノキの香りのような強い主張は無い。
ただ、外国のレビューを見てみると、酸っぱいクランベリーのような香りと書かれていることがある。
そう言われてみると、確かに酸味の感じはクランベリーとしても受け取れる。ただ、明らかなRaspberry系などの香りでは無く、やはり個人的にはウッディな香りと感じる。
もっとも、Tangiersの強いベースの香りが混じることによって、ウッディな香りと感じた可能性はある。このあたりは各人の感じ方によると思う。酸味の強いBerry系と思って吸い続けたら、そんな気もしてくる。
Berry系として解釈するのであれば、木に生った赤くて酸っぱいベリーの香りと言ったところか。

煙について

煙の量はTangiersの平均。煙の質はTangiersの平均に少し劣る。
酸味のようなテイストが強いため、それによるノドへの当たりがある。Citrus系に特有の吸いごたえが好きか否かで評価が分かれると思う。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重め。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいだと思う。Nirvanaよりは全然軽いが、SBVより重い。
香りの持ちはTangiersの平均。中盤あたりで酸味が少し薄れ始めるので、香りの変化は少々。
安定感はTangiersの平均か、それに少し劣る。Kaloud Lotusであれば焦げたりはしにくいが、火加減の強さに応じて酸味も強く出るため、それなりに調節する必要はある。
香りの変化は少ない。割と全体にシンプルな作りであるため、最初から最後まで一定して香る。
Citrus系に特有の吸いごたえが好きであれば、吸いごたえにボディがあって満足感のある煙。

(総評)61点

酸味以外の香りが何だか良く分からないが、意外と楽しめた。
吸いごたえがあるため、その日の1本目に重めのものが欲しいときに重宝した。香りと言うより煙のボディが良かった。
香りに関しては、最初はウッディな香りにしか感じなかったが、酸味の強いBerry系と思って吸い続けたら、そんな気もしてきた。
確かにクランベリーと言われればそうとも受け取れる作りで、ちゃんと形にもなっているが、やはりBerry系と言い切るには独特な作りで一概にそうと言えない。
このあたりは、普段どんなフレーバーを吸っているかで、感じ方が左右されるのではないかと思う。
TangiersのRed Grapeなどの酸味の強いフレーバーが好きであれば、試してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031