シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Lemon(煙の質も含めオーソドックスなLemon系が半歩ほどリファインされている)

time 2017/08/15

Tangiers Noir / Lemon(煙の質も含めオーソドックスなLemon系が半歩ほどリファインされている)

香りについて

酸味のシッカリしたクラシックなLemon系。
AFのLemonと似ているが、それより酸味やビターさのテイストが少し控えめで、酸味によるノドへの当たりも穏やか。
酸味やビターさの加減が調度良く、Lemon系らしい爽やかな甘さとCitrus系らしい吸いごたえの良さがありつつも、煙の質はイガイガしない程度。
Tangiersのベースの香りが悪目立ちすることは無く、シーシャのLemon系の基本に忠実な香り。露骨なケミカルさなども無い。
レモンの輪切りを噛まずに軽く口に含んだような香りで、誰もがレモンで納得するであろう香り。目新しさこそ無いが、酸味やビターさの加減が調度良い。
煙を吐いた直後に冷水を口にするとレモン入りの水のような味がするので、確かに良く出来ているな、と思う。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
露骨な煙の粗さやザラつきは無いが、それなりに酸味やビターさがあるので、Citrus系らしい吸いごたえの強さはある。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいの重さだろう。SBVやAB Stoutより重い。
香りの持ちはTangiersの平均か、それより少し長い。時間とともに少しだけベースの香りが目立つようになるため、香りの変化はわずかだがある。
安定感は良い。Kaloud Lotusを使っているのであれば、割と強めの火加減にしていても焦げたり崩れたりはしない。
ノドに障りがちなCitrus系であることを考えれば、煙の質は良い。扱いやすさにも優れる。

(総評)85点

個人的にサッパリしたフルーツ系の香りが好きなので、かなり楽しめた。
定番の香りは、細部のバランスが良く無難に良く出来ていることが重要だと思っているが、そのあたりが非常にシッカリしている。
変なアクセントや特徴に逃げていないシーシャのLemon系の基本に忠実な香りで、ケミカルさなども少ない。Tangiersのベースの香りが悪目立ちすることなども無く、吸っていて非常に馴染みが良い。
ちなみに、FumariのLemonはソフトさと穏やかさに特化したLemon系で、AFSEのSparkleはラムネっぽい香りのあるLemonade系だったが、そのあたりとは異なる作り。
Tangiersからは、これの他にもNew Lime LemonNew Limeが出ているが、どれも非常に良く出来ている。ただ、タバコ的には重いので、そのあたりがダメであれば、Noirラインより軽いBirquqラインを試すのが良いだろう。
目新しさこそ無いが、酸味やビターさの加減が調度良く、煙の質も含めオーソドックスなLemon系が半歩ほどリファインされている。オススメ。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031