シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / New Lime(ケミカルさが非常に少なめのLime系、良く出来てる)

time 2017/08/16

Tangiers Noir / New Lime(ケミカルさが非常に少なめのLime系、良く出来てる)

香りについて

ケミカルさが少ない割に、ハッキリとライムらしい香りがする。
Lime系は香りがハッキリしているとケミカルさが目立ちやすく、ケミカルさが控えめだと香りの輪郭がボヤけていることが多い。
これも実物のライムかと言われると、やはりライムリキュールのようなケミカルさは少々あるが、他社のこれと同じぐらい香りの輪郭がハッキリしたLime系と比べると、かなりケミカルさは控えめ。
おそらく、Tangiersのベースの香りによってケミカルさが抑えられているのだろうと思うが、それでいてベースの香りが悪目立ちしてLime系の香りの邪魔をするようなことが無いので、非常に良く出来ている。
実物のライムも、オレンジやレモンと比べると香りのハッキリした果物ではないので、ある程度のこういう強調は仕方ない気がする。
香りのハッキリしたLime系単体としては、他社のものと比べてケミカルさが非常に控えめで、実に良く出来ている。美味しい。

煙について

煙の量と質はTangiers Noirの平均。
クラシックなLemon系やOrange系などに見られるハードなノドへの当たりは無いので、香りのことを考えると煙の質はスムーズな部類。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均か、それよりわずかに軽い。とはいえTangiers Noirなので、やはり重い。AFの1.8~2.0倍ぐらいか。
香りの持ちはTangiers Noirの平均。香りの変化は少ない。SBのPirate’s CaveやTFDのDeja Dewのような、香りのハッキリしたケミカルなLime系と比べると、やはり持ちは少し短め。
安定感は良い。割と高温にも耐えるが、あまり強めの火加減にすると少しケミカルさが強く出てしまう印象。焦げたり崩れたりはしにくいが、ほどほどが良いと思う。
煙の質、扱いやすさなど、まずまず良い煙。

(総評)88点

個人的にはLime系単体の中で最も良く出来ていると思う。お気に入り。
香りの輪郭がハッキリしている割に、他社のLime系と比べるとケミカルさがかなり控えめなのが良かった。
ただ、Lemon系とのMixになるが、TangiersのNew Lemon-Limeの方がシーシャのLime系にありがちなケミカルさがより少なく、個人的には好みだった。
Lime系とLemon系は似た香りなので、MixされてもLime系の香りが損なわれず、Lemon系の香りのおかげでこれよりケミカルさが更に抑えられているのが良かった。
SBのPirate’s CaveTFDのDeja DewのようなケミカルでハッキリしたLime系とは大きく異なる作り。
SBVのFresh Limeが好きであれば、より好みのLime系が見つかる可能性が高い。オススメ。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31