シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Alien Mini Phunnel Hookah Bowl レビュー

time 2015/07/12

Alien Mini Phunnel Hookah Bowl レビュー

作り方はこちら
火の調節はこちら

(見た目の特徴)
全体に薄手で小ぶり
Phunnelと違い、フレーバーを入れる部分がすり鉢状になっている。Phunnelと同様、中央の穴が縁よりも3ミリほど低い位置にある。

(大きさ)
内径:60~61ミリ  縁から最深部までの深さ:18ミリ

(必要なフレーバーの量)
9.5~10.0グラム
フンワリめに詰めると9グラムぐらいでも作れる。ただ、煙や香りの濃さには問題無いものの、香りの持ちが短くなる。炭よりも先にフレーバーが終わってしまう。

(必要な炭の量)
Coco Nara 2ピースと補助の炭 2ピース、風防。もしくは、Coco Nara 3ピースに風防
alien5
 
(長所)
① ランニングコストが良い
必要なフレーバーの量が9.5~11.0グラムなので、50グラムのパッケージで余裕を持って4回作ることができる。吸い終わったあとのフレーバーも、底の方まで割とカリカリになっており、無駄が少ない印象。

② 必要なフレーバーの量が少ない割に、煙と香りがシッカリ出る
煙の量と質はPhuunel smallと同じ。10.0グラムで作れば、香りの持ちも大差無い。ただし、短所のところにも書いたが、火の調節はPhunnel smallよりも難しい。

③ 煙が本調子になるのが早い
縁の方が浅く薄手なため、炭の量が同じであれば、Phunnel smallよりも煙が本調子になるのがずっと早い。非常に良い。そのぶん火の調節がタイトなので、一長一短と言えば一長一短。

④ Phunnel smallと違い、穴の上にアルミホイルの棒を渡すように置く必要が無いので楽。
ただし、Alienにも個体差があるので、ハズレを引くと中央の穴の上にアルミホイルの棒を渡し置く必要がある。運の問題。なお、内部が狭いため、詰める作業自体はPhunnel smallの方が楽。

(短所)
① SamsarisやSilikon Hookah Bowlと比べると、やはり炭の雑味が目立つ
これに関しては、アルミホイルとKaloud Lotusの違いであるため、仕方ない気はする。
陶器のPhunnel系をアルミホイルで作ると、炭の雑味は常に少なからず問題になる。慣れが必要だが、調節次第である程度は解決する。

② 火の調節が難しい
薄手であるため、ボウルの温度が動きやすく、安定感に欠ける。そのため、風防の脱着によるマメな温度調節が必要。ただし、煙が早く本調子になるのも、このおかげであるため、一長一短である。

③ Kaloud Lotusとの相性が良くない。
SamsarisやSilikon Hookah Bowlのように、Kaloud Lotusが少し落ち込んでハマる感じではなく、ちょこんと乗っかる程度。Kaloud Lotusが傾いたりして安定感に欠ける。何より、ボウルとKaloud Lotusの隙間が大きいせいで、余計な空気が入ってきてしまい、煙と香りが薄くなってしまう。

④ 全体に薄手で華奢なので、割れやすそう。
スポンジでゴシゴシ洗ったりしているが、今のところ割ったことはない。

(使用感)
入るフレーバーの量が少ないため、タバコ的な重さがPhunnel smallより少し軽い。
香りのピークをシッカリ楽しんで、トータル40分ぐらいでサクッと切り上げる吸い方に良い。必要なフレーバーの量が9.5~11.0グラムなので、50グラムのパックで4回作れるというのも大きい。
キッチリ調節しないと、焦げたり炭の雑味が目立ったりするが、小回りの利く使い勝手で結構気に入っている。現在はシリコン製のボウルをメインで使っているが、それまでは長らくこれをメインで使っていた。そのときの気分次第で、今でもたまに使う。まずまずオススメ。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31