シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Kashmir Guajava(グァバジュースっぽいGuava系とSpice系の香りのMix)

time 2017/09/05

Tangiers Noir / Kashmir Guajava(グァバジュースっぽいGuava系とSpice系の香りのMix)

香りについて

グァバジュースっぽいGuava系の香りとSpice系の香りMix。
メインは砂糖の入ったフレッシュのグァバジュースっぽい香りで、他社のGuava系よりマッタリした甘さが強い。
他社のGuava系に良く見られるスッキリした感じの青臭さが控えめで、そのぶんフレッシュジュースっぽいトロンとした口当たりがある。
成城石井で売ってたフレッシュっぽいグァバジュースを買って飲んでみたが、グァバジュースと思って吸うと、割と再現度は高いと思う。
そこに、TangiersのKashmir CherryやKashmir Blueに見られた、ターメリックやナツメグと似たSpice系の香りが混じる。
上記の2つと同様にSpice系の香りの主張が強く、個人的には他社と違った仕上がりで再現度もまずまず高いGuava系の香りを邪魔していると感じる。
ターメリックやナツメグと似たSpice系の香りはクセがあるし、普通にTangiersのGuajava単体で良いと思う。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
序盤のみ少しだけ弱めの火加減の方が煙の質が良いと感じたが、それも大きな問題になる程では無い。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいの重さ。Nirvanaよりは軽いが、SBVやAB Stoutよりずっと重い。
香りの持ちはTangiersの平均か、それよりわずかに短い。元の香りが濃い割に、少し薄れるのが早い印象。時間による香りの変化は少ない。
安定感はTangiersの平均。序盤のみ気持ち弱めの火加減で維持する方が煙の質が良いと感じたが、おおよそTangiersの他のフレーバーと同じ。
Tangiersの平均といった感じ。可もなく不可もなし。

(総評)70点

普通にTangiersのGuajava単体で良いと思う。まだGuajava単体は試していないが、単体なら80点は越えると思う。
個人的には、せっかくGuava系の香りが他社と違った仕上がりで出来も良いのに、わざわざクセのあるSpice系の香りを混ぜるのは何だか勿体無いと思ってしまう。もっとも、このへんは個人的にSpice系の香りが苦手というのもあるとは思う。
ただ、Strawberry系とClove系の香りのMixであったSBVのSpice Me Redが店で人気なことを見ていると、フルーツ系の香りにクセのあるSpice系でアクセント付けしたフレーバーが好きな人は結構いるようなので、これを気に入る人もいると思う。
ちなみに、これとKashmir CherryKashmir Blue、Tangiersから出ているKashmirと名のつくフレーバーを3つ試した。どれもターメリックやナツメグと似たSpice系の香りが入っており、この香りがKashmirと名のつくフレーバーの特徴なのだと思う。
フルーツ系の香りにクセのあるSpice系でアクセント付けしたフレーバーが好きであれば、試してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930