シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nu Hookah / Gum Mint(AFのGumを2/3ぐらいに薄めて吸いやすくした感じ)

time 2017/09/04

Nu Hookah / Gum Mint(AFのGumを2/3ぐらいに薄めて吸いやすくした感じ)

香りについて

歯磨き粉もしくはキシリトールガムのような香り。
メインは人工的な印象が強いSpear Mint系の香りで、そこにこれまた人工的で独特の厚みがある甘さが混じる。
AFのGumを2/3ぐらいに薄めた感じ。Nu Hookahはベースの香りがAFと非常に似ており、そのあたりも含めてAFのGumと良く似ている。
清涼感はAFのGumやAB OriginalのProfessor Gumbledoreと同じぐらい、おおよそMintの1/2~2/3ぐらいで、そこまで強くない。AB StoutのGuminatiの方が清涼感は強い。
AFのGumは全体に人工的な感じが強く、正直あまり万人受けする香りでは無いと思う。それと比べると全体に薄めであるぶん、クセなどは控えめ。ただ、AFのGumの香りの濃さや吸いごたえが好きな人は、少し物足りなく感じると思う。
良くも悪くもAFのGumを薄めて吸いやすくした感じ。

煙について

煙の量と質はNu Hookahの平均。
Nu Hookahの煙はAFと似ているが、AFのGumと比べると全体に香りが薄めであるため、香りの濃さによる吸いごたえのボディが控えめ。
タバコ的な重さはNu Hookahの平均。おおよそAFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。多くのダークリーフよりは軽いが、SBやFumariよりは少し重い。
香りの持ちはNu Hookahの平均で、いくらか長め。時間による香りの変化も少ない。
安定感はNu Hookahの平均にわずかに劣るが、序盤をやや弱めの火加減で維持するだけなので難しくはない。火が強すぎると酸味のようなテイストが出て、AFやNu HookahのMintと同じような崩れ方をする。
序盤のみ少し火加減に気をつかう必要があるが、それ以外はAFと似た平均的なNu Hookahの煙といった感じ。

(総評)60点

ちょっと中途半端な印象で、日和ったなと思う。
個人的にAFのGumが割と好きであるため、AFのGumを薄めたようなこれには少し物足りなさを感じる。
もともとGum系はあまり万人受けする香りでなく好き嫌いが分かれると思うので、それだったらAB StoutのGuminatiのように清涼感やビターさを強くしたり、AFのGumのように思い切った香りの濃さにしたら良かったのでは、などと個人的に思う。
ちなみに、強い清涼感をメインにGum系を楽しみたいのであれば、渋めの作りのAB StoutのGuminatiが良いと思う。もともとGum系が好きであれば、やはりガッシリしたボディのあるAFのGumが良いだろう。
良くも悪くも控えめな作りで、クセは抑えられているなというGum系。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31