シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Apple(薄味なDouble Apple系)

香りについて

アニスやリコリスの香りの入ったDouble Apple系の香り。
多くのDouble Apple系は、AFのTwo Appleのようなマッタリした甘さが強い系統と、ナハラのDouble Appleようなキレ感の強い系統、そのどちらかに大別されると思う。
これもAFのTwo Apple寄りのマッタリした甘さが強いDouble Apple系だが、それと比べるとマッタリした甘さは1/2~2/3ぐらいとかなり控えめ。
そのため、Two Appleのような強いマッタリした甘さによるボディや満足感は薄く、そのぶん煙を吐き終えるときにTangiersのベースの香りと微かな特有のキレ感がある。
ちなみにTangiersのForbidden Fruitはアニスやリコリスの香りが無く、実物のリンゴをイメージしたと思われる香りだったので、これとは違った仕上がり。
AFのTwo AppleAFのApple=1:1ぐらいで混ぜて、Tangiersのベースの香りを加えたような香り。Double Apple系としては薄め。パッとしない。

煙について

煙の量はTangiersの平均。煙の質はTangiersの平均より良い。
他のTangiersのフレーバーよりもウェットさが強く、いくらかFumariと似たモワッとした煙が良く出る。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいの重さだと思う。SBVやTFDなどのダークリーフより重い。
香りの持ちはTangiersの平均に劣る。Double Apple系としては少し薄味めであるため、香りや甘さの濃さによる満足感の持ちが悪い。時間による香りの変化は少ない。
安定感は問題無い。他のTangiersよりも高温に耐える印象で、Kaloud Lotusを使っているのであれば、結構適当に調節していても焦げたりしない。
煙の質や扱いやすさは良いが、香りの持ちが悪いのが気になる。

(総評)62点

個人的には、物足りないというのが率直な感想。
Double Apple系が好きな人は、マッタリした強い甘さや特有のキレ感による吸いごたえの満足感を求めているのではないかと思うが、他社のものよりこのあたりが弱い。
煙の質がウェットで安定感もあるため、強めの火加減にすることで無理なく香りを濃く出したりはできるし、ニコチンによる吸いごたえもあるが、やはりDouble Apple系が好きな人が求めている満足感と少しズレがあると感じる。
何となくDouble Appleっぽくてタバコ的に重いものが良いならオススメできるかとも思ったが、それだったらTFDのManzanasの方がタバコ的な重さだけでなくキレ感とガッシリした甘さの満足感がある。
個人的には日和見すぎだと思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031