シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nu Hookah / Two Apple(AFのTwo Appleと非常に似ている)

time 2017/09/14

Nu Hookah / Two Apple(AFのTwo Appleと非常に似ている)

香りについて

AFのTwo Appleと非常に似ている。
アニスやリコリスの香りの入った、やや独特なキレのあるマッタリした甘さが特徴。実物のリンゴのような香りはしない。
マッタリした強い甘さで吸いごたえを出しているタイプのDouble Apple系で、ナハラのDouble Appleのような強いキレ感は控えめ。
特に煙を吐き終えた後にノドと鼻の奥に残る独特の甘い余韻が、AFのTwo Appleとそっくり。
また、Nu Hookahは煙の質やベースの香りがAFと似ているため、そのあたりも含めて全体にAFのTwo Appleと非常に似ている。

煙について

煙の量と質はNu Hookahの平均。
Nu Hookahのややソリッドな煙の質とマッタリした強い甘さが相まって、Double Apple系らしいガッシリした吸いごたえになっている。
タバコ的な重さはNu Hookahの平均。おおよそAFと同じか、それより少し重いぐらい。TFDやSBVよりずっと軽い。
香りの持ちはNu Hookahの平均で、やや長め。同じグラム数で作った場合、AFより少し長持ちする。香りの変化も少ない。
安定感は問題無い。火が強すぎると香りが崩れるが、AFより少し扱いやすい印象。
Two Appleらしいボディのある煙で、香りの持ちがいくらか長めなのが良い。

(総評)76点

ほとんどAFのTwo Appleなので、AFのTwo Appleで良い気がする。
Nu Hookahは最近のアメリカの会社のフレーバーとしては煙がソリッドで、ベースの香りもAFと似ている。香りだけでなく、そのあたりも含めてAFのTwo Appleと非常に似ている。
Double Apple系は各社がシノギを削るところで、各社から色々と出ている。
SBVのIndian Spiced Appleはキレが強く清涼感がありシャープな仕上がり、TFDのManzanasは甘さもキレ感も強く全体に濃い口、TangiersのAppleはDouble Apple系としては薄味など、例を上げればキリが無い。
定番のAFのTwo Appleが好きで、それより少しウェットさが強いものを探しているのであれば、試す価値はある。
色々と書いたけど、つまるところAFのTwo Appleと瓜二つ。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30