シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nu Hookah / Kiwi(酸っぱめのヨーグルトに申し訳程度にキウイを入れたヨーグルトシェイクのような香り)

time 2017/10/12

Nu Hookah / Kiwi(酸っぱめのヨーグルトに申し訳程度にキウイを入れたヨーグルトシェイクのような香り)

香りについて

美味しいことは美味しいが、キウイらしくは無い。
何と言うか、やや酸っぱめのヨーグルトに申し訳程度にキウイを入れて作った、ヨーグルトシェイクのような香り。
なんとかラッシーみたいな商品名のフレーバーから、こういう香りがすることがあるので、キウイラッシーでもシックリくる。
ちなみに、Nu HookahのBlue Guavaもそうだったが、これも生の状態のフレーバーを嗅ぐと、なぜか微かにCoconut系に似た香りを感じる。
ただ、実際に作ってみるとCoconut系の香りはそこまででもない。おそらく、このあたりの香りと少々の酸味とが混じって、上記のようなヨーグルトっぽい香りを感じるのだと思う。
キウイかと言われると微妙で再現度は低い。ただ、サッパリしたフルーツのラッシー系と割り切れば、他社には珍しい香りで美味しい。

煙について

煙の量と質はNu Hookahの平均。
AFとFumariの中間ややAF寄りといった煙で、最近のフレーバーとしては少しソリッドめだが、調度良いボディの煙。
タバコ的な重さはNu Hookahの平均。おおよそAFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。多くの人にとって負担になるような重さではない。
香りの持ちはNu Hookahの平均で、やや長め。同じグラム数であれば、AFより少し長持ちすると思う。時間による香りの変化も少ない。
安定感はNu Hookahの平均。AFのKiwiは煙の質に難があり、AFSEのKiwi Gardenはやや火の調節が難しかったことを考えると優秀。
ただし、最初の数吸いだけ何だかホコリっぽいニオイがする。もっとも数分と立たない内に上記のような香りになるので、特に問題無い。
また、シリコンボウルか陶器のファンネルかでかなり香りの出が変わる。シリコンの方が上記のような香りに出るので、個人的にはシリコンボウルを使うことをオススメする。
安定感に関しては割と評価できる。あとは平均的なNu Hookahの煙といった感じ。

(総評)80点

キウイかと言われると微妙なものの、他社には無い香りで美味しい。
Nu HookahのBlue Guavaも、他社のGuava系と大きく異なる仕上がりでGuava系単体かと言われると微妙な香りだった。これまでの定番の香りと大きく違い、再現度はイマイチなもののとりあえず美味しい、みたいな意味ではBlue Guavaと似た作り。
ちなみに、AFのKiwiTangiersのKiwiなどはマッタリした甘さが強めで、確かに実物のキウイもこういう香りはするけど実際に口に入れるともう少しサッパリしてない?という気がする。
そのあたりを考えると、個人的にキウイと言われて想像する味を含めた香りに近く出来が良いと思うのは、AFSEのKiwi Gardenである。
酸っぱめのヨーグルトに申し訳程度にキウイを入れて作ったヨーグルトシェイクのような香りだが、再現度とか細かいことを考えず吸えば普通に美味しい。
他社から何とかラッシーみたいな商品名で出ているフレーバーが好きならば、試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31