シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nu Hookah / Sun of a Peach(Orange系:Peach系=3:1ぐらいのMix)

time 2017/10/14

Nu Hookah / Sun of a Peach(Orange系:Peach系=3:1ぐらいのMix)

香りについて

Orange系:Peach系=3:1ぐらいのMix。
Orange系の香りはNu HookahのOrangeと同じで、中東の会社のOrange系に見られる1つの典型と言った香り。
AFのOrangeなどと比べると、やや酸味やビターさが控えめでそのぶん丸みのある甘さの強い、ややOrange系としては穏やかめの香り。
Peach系の香りは、煙を吐き終えるときと余韻とで感じられ、何か後ろの方にPeach系っぽい香りがするな、という程度で脇役といった感じ。
おそらくNu HookahのPeachと同じ、ややアメリカの会社のPeach系っぽいスッとしたキレ感のある香りだと思うが、メインはOrange系でスッキリした甘い香りが全体に強いため、それに隠れてハッキリとは分からない。
煙を吐いている最中はOrange系の香りで、煙を吐き終えるときと余韻とに少しPeach系のマッタリした甘さという感じ。
マズくする方が難しいような王道のMixなので、普通に美味しいが、目新しさや驚きなどは皆無。

煙について

煙の量はNu Hookahの平均。煙の質はNu Hookahの平均か、それに少し劣る。
メインがOrange系であるため、Citrus系に特有のノドへの当たりが少々ある。Citrus系が好きであれば、テイストの一部として受け取れる範囲。大きな問題では無い。
タバコ的な重さはNu Hookahの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。SBやFumariよりは少し重いが、負担になるような重さではない。
香りの持ちはNu Hookahの平均で、割と長め。Nu Hookahのフレーバーは香りの持ちが少し長めのものが多いが、これも同様。
安定感はNu Hookahの平均。あまり火が強すぎるとOrange系の酸味が強く出過ぎて煙の質がキツくなるが、調節自体は別に難しくない。
Orange系がメインであれば、こんなもんだろうな、という煙の質。

(総評)70点

マズくする方が難しいような王道のMixなので、普通に美味しい。
Peach系の香りが控えめで、Orange系の後味を少しマッタリさせる脇役といった感じなのは、それなりにMixのバランスへのこだわりを感じる。
ただ、Sun of a Peachなんて大層な商品名の割に目新しさが無い。Nu HookahのMixには他にCalifornia DreamSunny Moonがあるが、それらと比べると今さら感が否めないMixのチョイス。
AF GoldenのOrangeのような出来の良いOrange系に、適当なPeach系を2摘みほど混ぜれば、似たものが出来上がるだろう。
普通に美味しいが、これでなくてはダメ、というような理由は見当たらない。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30