シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / It’s Like That Other Breakfast Cereal(ドライフルーツと砂糖がたくさん入ったお菓子っぽいフルーツグラノーラのような香り)

time 2017/10/16

Tangiers Noir / It’s Like That Other Breakfast Cereal(ドライフルーツと砂糖がたくさん入ったお菓子っぽいフルーツグラノーラのような香り)

香りについて

メインはCherry系:Orange系=3:1ぐらいの香り。
煙を吐き終えるときに、クッキーのような焼き菓子っぽい香り、あるいは何かお菓子っぽい香りが感じられるのが特徴。
Cherry系の香りは、TangiersのMaraschino CherryDark Cherryの中間ぐらいの香りで、結構ケミカル。昔ながらのパフェの上に乗ってる、シロップ漬けのチェリーのような香り。
Orange系の香りは脇役といった感じなので、細部までは分からないが、それなりに酸味のある割とクラシックなOrange系の香りだと思う。たぶん。
煙を吐いている最中はこれらの香りがメインだが、煙を吐き終えるときに全体をボンヤリと焼き菓子っぽい香りが覆うのが特徴的。
この香りは、FumariのBlueberry MuffinTFDのApple Pieに見られる焼き菓子っぽい香りと少し似ている。ただ、それらと比べるとボンヤリとしており、またケミカルなCherry系の香りに引っ張られているせいか、FumariのWhite Gummi Bearのような何となくお菓子っぽい香りにも感じる。
中盤まではドライフルーツと砂糖がたくさん入ったお菓子っぽいフルーツグラノーラ、中盤からはジェリービーンズのような香り。

煙について

煙の量はTangiersの平均。煙の質はTangiersの平均より少し良い。
割ときめ細かな煙で、他のTangiersのフレーバーより少しシルキー。下記のように安定感もあるため、煙の量を出しても質が維持される。
タバコ的な重さはTangiersの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいだろう。Nirvanaよりは軽いが、SBVやAB KFCより重い。
香りの持ちはTangiersの平均だが、時間による香りの変化は大きめ。中盤までは焼き菓子っぽい香りがするが、途中からFumariのWhite Gummi Bearのような何となくお菓子っぽい香りが強くなる。
安定感は良い。やや弱めの火加減の方が調子の良いものが多いTangiersだが、割と高温でも煙の質が維持されるためボリュームを出しやすい。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。
時間による香りの変化が少し気になるが、煙の質や扱いやすさは良い。

(総評)68点

そこまでクッキーみたいな焼き菓子っぽい香りがハッキリしているわけではないが、中盤までは確かにシリアルっぽいと思った。
中盤から強めのCherry系の香りに全体の印象が引っ張られるせいか、ジェリービーンズみたいな香りになるのは、少し気になる。
どうでもいいが、外国のレビューなどでは名前が長いのでILTOBCとかって略称で呼ばれている模様。
タバコ的な重さが全然違うのでアレだが、香りだけで言えば、FumariのBlueberry Muffinの変わり種を探している人や、FumariのRed Gummi Bearあたりが好きな人に良いと思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930