シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Jamaica(チェリーアマレット、もしくはCherry系とRaspberry系のMix)

time 2017/10/25

Tangiers Noir / Jamaica(チェリーアマレット、もしくはCherry系とRaspberry系のMix)

香りについて

チェリーアマレットの香り、もしくはCherry系と酸味の強いRaspberry系のMixだと思う。
煙を吐き終えるときに、アーモンドエッセンスか杏仁のようなコクのある甘い香りがするのが特徴。
メインは赤黒いアメリカンチェリーのような香り。TangiersのMaraschino Cherryのようなケミカルさは控えめで、SBのCherryやCoco NaraのBlack Pearlに近い作り。
AFのFresh Mistのような、少々の酸味があるアセロラかRaspberry系っぽい香りも少し入っている気がするが、このへんはCherry系の香りと被っており、ちょっと良く分からない。
ちなみに、何の香りか良く分からなかったので外国のレビューも見てみたが、Cherry系のMixと書かれている他にルイボスティーの香りと書いてあるところもあった。
確かに少し甘酸っぱい香りがある点でルイボスティーと言われると近い気もするが、個人的にはやはりそれとしてはアーモンドエッセンスや杏仁のようなコクのある甘い香りが強いと思う。
個人的にはチェリーアマレットと言うのが最もシックリくるが、人によってはCherry系がメインのBerry系 Mixと感じるかもしれない。そんな香り。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
アーモンドエッセンスか杏仁のようなコクのある甘い香りはあるが、Cream系のテイストとは違うため、煙の量や質はTangiersの平均といったところ。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいだろう。Nirvanaよりは軽いが、多くのダークリーフのフレーバーより重い。
香りの持ちはTangiersの平均で、時間による香りの変化も少ない。時間とともに順当に薄れていく。
安定感は問題無い。一応、やや弱めの火加減で維持する方が、特徴であるアーモンドエッセンスか杏仁のような香りが良く出ると思う。
平均的なTangiersの煙といったところ。

(総評)70点

個人的にはTangiersのCherry系の中では、これが一番好みだった。
Cherry系の香り自体が割と好き嫌いが分かれる印象なのでアレだが、アーモンドエッセンスや杏仁のような香りはクセが無く結構良いと思った。
ちなみに、商品名になっているジャマイカの特産なども調べてみたが、それっぽいものが見当たらなかったので、チェリーアマレットの香りと思うことにした。
意外とアーモンドエッセンスや杏仁のような香りのあるフレーバーは珍しく、パッと思いつく限りではGLのCherry Amarettoぐらいである。
他社のCherry系とは異なる少しマッタリした仕上がりのCherry系や、Berry系のMixを探しているのであれば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031