シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Pumpkin(表面に焦げ目のついたパンプキンパイのような香り、Clove系のアクセントが特徴)

time 2017/11/14

Tangiers Noir / Pumpkin(表面に焦げ目のついたパンプキンパイのような香り、Clove系のアクセントが特徴)

香りについて

Clove系の香りが入ったパンプキンパイの香り。
カボチャの香りは割と再現度が高く、少しビターな香ばしさがあるのが特徴。焼き色がシッカリついたパンプキンパイのフィリングのような香り。
Tangiersのベースの香りもカボチャの香りとの相性が良いようで、カボチャの皮の部分の土臭さの表現のように受け取れる。
そこに結構強めにClove系の香りが混じる。この香りはTangiersのCloveと同じ香りで、クローブの香りそのもので再現度が高い
そのため、少し土臭さのような表現がある点でやはりPumpkinかという気もするが、Pumpkin Pieみたいな商品名でも納得の香り。良く出来ている。
SBのPumpkin Pieなどの他社のものより再現度が高く、香りもハッキリしていて分かりやすい。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
マッタリした甘さが強めだが、甘さが強くノドに残ったりすることは無い。過度なウェットさが控えめで、程良くソリッドな煙。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいだろうか。
香りの持ちはTangiersの平均。時間による香りの変化も少なく、順当に薄れていく。
安定感は問題無い。少し弱めの火加減で維持する方が調子が良いが、Kaloud Lotusを使っているのであれば火の調節で苦労することは少ないだろう。
平均的なTangiersの煙という感じ。

(総評)78点

良く出来ていると思う。
商品名はPumpkinだが、Clove系の香りが入っているので、どちらかと言うとPumpkin Pieみたいな商品名の方がシックリくる。
ただ、カボチャの皮の土臭さのような香りが少しあるため、そのへんを考えるとPumpkin PieよりPumpkinでも良い気はする。もっとも、このあたりの香りはTangiersのベースの香りかもしれない。
こういう香りまで入っているPumpkin系は珍しく、Tangiersのベースの香りも上手くフレーバー自体の香りと調和しており、なかなか面白い作りだと思った。
香りがハッキリしていて再現度も高いので、Pumpkin系が好きであれば楽しめるだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31