シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Phunnel Hookah Bowl Regular 作り方

火の調節はこちら

① カットの粗いフレーバーであれば、使う分のフレーバーをハサミでカットしなおす
そうした方がキレイに平らに詰めやすく、Kaloud Lotusの底にフレーバーが焦げ付きにくい。
このボウルは底が浅いため、そこそこ細かくカットして良い。
個人的には12.5~13.0グラムで作ることが多い
alien2

② フレーバーをボウルの縁から5~6mmほど低い位置まで、フンワリめに詰める
フレーバーが詰まらない用に注意しつつ、ボウルとフレーバーの間に隙間が出来るように詰めると良いと思った。
13.0グラムで作ると、自然と、ボウルの底面は見えないがフレーバーとボウルの間に少し隙間が出来るぐらいの詰め加減になると思う。
regular2

③ 炭を入れたKaloud Lotusを乗せる。火の調節はこちら
regular3

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31