シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Pear(Tangiersのベースの香りが邪魔)

time 2017/12/04

Tangiers Noir / Pear(Tangiersのベースの香りが邪魔)

香りについて

確かに洋ナシっぽい香りだが、Tangiersのベースの香りが邪魔。
TFDのPearfectと比べると、実物の洋ナシの鼻を抜けるような鮮やかな香りが無く、青臭さやベースの香りが目立つ。
もっとも、熟していないゴリゴリとした固い洋ナシを食べれば、確かにこういう青臭い香りはする。
ただ、それが洋ナシと言われて想像する香りや求める香りかと言われると、大きく外れていると思う。
Tangiersに慣れていてベースの香りを脳内で差っ引いて吸えるのであれば、まぁ洋ナシっちゃ洋ナシ、みたいな香り。
やはりTangiersの土っぽいベースの香りが邪魔で、フレーバー自体の香りと思い切りぶつかっている。

煙について

煙の量はTangiersの平均。煙の質はTangiersの平均か、それに少し劣る。火加減にもよるが、序盤はやや煙の粗さが目立つ。
タバコ的な重さはTangiersの平均で重い。AFの2.0~2.2倍ぐらいの重さ。多くのダークリーフより重い。
香りの持ちはTangiersの平均。時間による香りの変化は少ないが、もとがベースの香りに押され気味なので、終始ハッキリしない。
安定感はTangiersの平均か、それに少し劣る。やや弱めの火加減で維持しないと煙の粗さが目立つ。
序盤の火の調節が面倒。これといった長所は無い。

(総評)51点

美味しくはない。ベースの香りが目立つので、苦手な人の方が多いだろう。
個人的に、Tangiersのベースの香りはCitrus系以外のサッパリしたフルーツ系の香りとの相性が悪いと思う。
TangiersのKiwiも同じ感じで、フレーバー自体の香りとベースの香りが思い切りぶつかっていて、イマイチだった。
TangiersのGuajavaがGuava系としては珍しいマッタリめの香りだったり、Grape系が酸味を基調としてたりするのも、そのあたりを意識してるのだと思う。
洋ナシと言われて想像する香りであれば、まずはTFDのPearfectを試すのが良いだろう。これをオススメする理由は無い。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031