シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Summer Solstice Celebration(おそらくGuava系とGrapefruit系のMix)

time 2017/12/11

Tangiers Noir / Summer Solstice Celebration(おそらくGuava系とGrapefruit系のMix)

香りについて

おそらくGuava系:Grapefruit系=5:2ぐらいのMix。Tangiersとしては全体にサッパリした香り。
Guava系の香りは他社と比べるとマッタリした香りで、青臭さは控えめ。TangiersのKashmir Guajavaのグァバ部分やNu HookahのBlue Guavaと少し似ていると思う。
ただ、他社と比べるとマッタリめというだけで、ベースの香りに負けないようにマッタリめの香り付けが多いTangiersの中ではサッパリしている。
Grapefruit系の香りはサッパリめで、SBBのGrapefruit MintAFのGrapefruitの中間ぐらい。酸味やビターさが強い多くのGrapefruit系とはやや異なる。
Guava系としてはマッタリめのグァバの香りと、Grapefruit系としてはライトなグレープフルーツの香りとで、両者が似たようなボディで相性が良いと思う。
Summer Solsticeは夏至の意味なので、夏っぽいフルーツのMixで何となく商品名も納得。

煙について

煙の量はTangiersの平均。煙の質はTangiersの平均か、それより少し良い。
ややTangiersの平均よりきめ細かな煙で、過度なウェットさなどは無いがサッパリした甘さも手伝ってスムーズな煙。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいの重さ。多くのダークリーフより重い。
香りの持ちはTangiersの平均。時間による香りの変化は少ない。順当に時間とともに薄れていく。
安定感は問題無い。やや弱めの火加減だとGuava系が強く出て、強めの火加減だとGrapefruit系が強く出るが、この辺は好みの問題。
Tangiersの平均的な煙といった感じ。Citrus系が少し入っている割に煙の質は良い。

(総評)79点

個人的には割と好きな香りだった。
他社のGuava系のMixと比べるとマッタリめだが、ベースの香りに負けないようにマッタリめの香り付けが多いTangiersの中ではサッパリめ。
TangiersのPearKiwiなどがベースの香りに負けてフレーバー自体の香りが分かりにくかったことを考えると、Tangiersとしてはギリギリのサッパリ感だと思う。
Guava系とGrapefruit系という割と王道のMixなので、Tangiersのベースの香りの問題を除けばクセは無い。
マッタリめのGuava系の香りの終わりに、Grapefruit系としてはソフトな酸味やビターさが被って、なかなか良いバランスだと思った。
それはそうと、Tangiersの中ではStatic Star Lightと1, 2を争う名前のエモさ。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930