シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Mimon(LemonとMintのMix)

香りについて

LemonとMintのMix。
Lemon系の香りは、AFのLemonの酸味を穏やかにして少し甘くしたような香り。FumariのLemon Mint程では無いが、クラシックなLemon系と比べると非常にソフト。
清涼感はそれなりで、おおよそAFのMintの1/2ぐらい、TangiersのCane Mintの1/3ぐらい。Spear Mint系の香りなどはせず、純粋に清涼感のみ。
Tangiersのベースの香りはCitrus系と相性が良いらしく、TangiersはCitrus系は出来の良いものが多い。これも同様で、ベースの香りが悪目立ちすることなく、Lemonの皮の部分のような少々のビターさや渋味と一体になっていて良い。
Citrus系らしい吸いごたえの良さがありつつも、清涼感のおかげでLemon系らしい爽やかな甘さが感じられる。酸味やビターさの加減も調度良い。
中盤を過ぎたあたりから、微かにノドに甘さが残る感じがあるものの、気になる程では無い。
エグくない程度にTangiersらしさがある、無難に良く出来たレモンミント。

煙について

煙の量はTangiersの平均。煙の質はTangiersの平均か、それより少し良い。
やや酸味が控えめでソフトなLemon系の香りなのと、清涼感のおかげでノド越しが良いのとで、煙の質はTangiersの平均より良く感じる。
タバコ的な重さはTangiersの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいの重さ。
香りの持ちはTangiersの平均。中盤あたりから徐々に清涼感が薄れ始めるので、香りの変化は少々。このへんは仕方ないと思う。
安定感は問題無い。Tangiersのフレーバーとしては割と高温にも耐える印象で、割と適当でも酸味が強く出過ぎたりしにくい。
Citrus系であることを考えれば煙の質は良い。まずまずの煙。

(総評)88点

無難に良く出来たレモンミントで、Tangiersのベースの香りも上手く活かされている。
それはそうと、MimeがMintとLimeをくっつけた造語だったように、これもMintとLemonをくっつけた造語だった。Mimeのときはこれに気づかず、コメント欄でご指摘いただき記事を修正したが、もう騙されない。
Tangiersには結構な種類のCitrus系があるが、TangiersのPomeloやNew Lemon-Limeなど出来の良いものが多い。これも目新しさなどは無いものの、ベースの香りが上手く活かされており無難に良く出来ている。
TangiersのNew Lemon-LimeMimeが好きであれば、試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031