シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Lavoo / Adam & Eve(Cardamon系、スッキリした無加糖のスパイスティーのような香り)

time 2017/12/31

Lavoo / Adam & Eve(Cardamon系、スッキリした無加糖のスパイスティーのような香り)

香りについて

Cardamon系の香り。
後味にドライなショウガとレモンピールを混ぜたような香りがある、甘さ控えめでキレの良いカルダモンらしい香り。
AFのCardamonと比べると、少しだけ薄味めで後味もよりスッキリしているため、やや全体にライトな仕上がり。
そこに、やや紅茶系を思わせる微かな渋味のあるLavooのベースの香りが混じり、スッキリした無加糖のスパイスティーのような香りになっている。
いくらか後味にローズマリーやタイムに似た香りを感じたが、フレーバーの香りの終わりとベースの香りが混じって、そう感じたのだと思う。
ベースの香りはそこそこ強いが、Tangiersのようなクセは無く、フレーバー自体の香りとの相性もまずまずで邪魔に感じるようなことは無い。
Lavooのベースの香りと良く調和した、スッキリめのCardamon系の香り。

煙について

煙の量と質はLavooの平均。
初めに少し強めの火加減で蒸らし全体に火を通さないと、やや煙の質がチクチクするので、そこは気をつける必要がある。
タバコ的な重さはLavooの平均で、それなりに重め。おおよそSBVと同じぐらい。AFの1.3倍ぐらいの重さだと思う。
香りの持ちはLavooの平均で、やや短め。割とシンプルな香りであるため、時間による変な香りの変化などは無い。
安定感はLavooの平均か、それにわずかに劣る。上記のように、最初に少し強めの火加減で蒸らし全体に火を回す必要があるが、それ以降の維持は他のLavooのフレーバーと同じなので難しくない。
最初に蒸らす際に少し気をつかうが、他はLavooの平均的な煙といったところ。

(総評)83点

個人的にCardamon系が割と好きなため、これも楽しめた。というか、商品名からしてApple系かと思っていたら全然違った。
甘さのあるCinnamon系、独特のキレのあるClove系、これらとは違ったスッキリしたSpice系の香り。
そこそこベースの香りが強くAFのCardamonより少し薄味であるため、全体として見るとCardamon系単体と言うより無加糖のカルダモン入りスパイスティーと言った香りだが、これはこれでアリ。
何となくだが、TFDのNatural Orderのようなスッキリした香草系の香り、LavooのRussian Teaなどが好きな人の琴線に触れそうな気がする。
Cardamon系、スッキリした香草系の香りが好きであれば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031