シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Orange Soda(オレンジと和ミカンの中間のような香り)

time 2018/01/09

Tangiers Noir / Orange Soda(オレンジと和ミカンの中間のような香り)

香りについて

ナハラのMandarinやNu HookahのOrangeを思い出させる、やや甘めのOrange系の香り。
AFのOrangeなどのクラシックなOrange系と比べると、酸味やビターさが控えめで、そのぶん丸みのある甘さが強い。
基本的には中東の会社っぽいOrange系の1つの典型で、オレンジと和ミカンの中間のような香り。商品名にはソーダとあるが、そういう感じは皆無。
1つの典型ではあるが、最近のフレーバーとしては割と珍しい気もする。ただ、色々と試している人はどこかで吸ったことがある香りと感じると思う。
ちなみに、最近試した中だとTangiersのYunnan Shaddokも和ミカンのような香りのあるOrange系だったが、あれはGrapefruit系に似たビターさも少しあったため、やはりこれとは異なる。
ナハラあたりの中東の会社っぽいOrange系で見かける1つの典型。ああ、こういうのもあったな、という感じ。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
酸味やビターさが控えめなぶん、Citrus系に特有のノドへの当たりも控えめで穏やか。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。AFの2.0~2.2倍ぐらいの重さ。
香りの持ちはTangiersの平均か、それより少し長い。ケミカルさは無いがハッキリした香りなので、割と持ちが良く感じる。
安定感はTangiersの平均。あまり火が強すぎると煙の質が粗くなるので、気持ち程度に弱めの火加減で維持するのが無難。
Citrus系としては穏やかな煙で、持ちも良い。なかなかの煙。

(総評)76点

個人的には、Orange系だとAF GoldenのOrangeが一番好きである。
AF GoldenのOrangeAFのOrangeと比べると少し甘めで、いくらか和ミカンのような香りがあるが、あちらの方が酸味やビターさが少し強く全体のバランスが良いと思う。とは言え、このあたりは好みの問題。
中東の会社っぽいOrange系の1つの典型といった香りで、煙の質や扱いやすさも良い。無難に良く出来ている。また、ダークリーフのフレーバーでOrange系単体は意外と無いので、そういった意味では貴重。
ただ、ダークリーフのフレーバーであることに拘りが無いのであれば、タバコ的な重さやベースの香りの点から、少し和ミカンっぽい香りのあるOrange系の中ではAF GoldenのOrangeから試すのが無難だと思う。
Orange系単体のダークリーフのフレーバーを探しているのであれば、試してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30