シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

StarBuzz Serpent / Crimson Fox(煙を吐き終えるときにスッとしたテイストがある、アメリカの会社っぽいPeach系)

time 2018/01/12

StarBuzz Serpent / Crimson Fox(煙を吐き終えるときにスッとしたテイストがある、アメリカの会社っぽいPeach系)

香りについて

アメリカの会社っぽいケミカルなPeach系の香り。
海外の通販サイトではPeach系とBerry系のMixと書いてあることが多いが、個人的にはBerry系の香りは良く分からない。
煙を吐き終えるときに微かな酸味を感じるので、言われてみればこのあたりがBerry系な気もするが、明らかなRaspberry系やBlueberry系の香りはしない。
Peach系の香りはSBのPeach系に良くある香りを濃くした感じで、甘さは強めだが煙を吐き終えるときにスッとしたテイストがあり、アメリカの会社っぽいケミカルなPeach系の香り。
最近試した中では、TFDのVentura PeachTangiersのTasty Peachなどと似ている。良い意味で抑揚の無いマッタリした甘さのAFのPeachAFSEのJuicyあたりとは違った系統のPeach系。
なお、SB Serpentの単体に近い香りのフレーバーは、着香が控えめでダークリーフの香りを全面に押し出した作りのものが多い気がするが、これに関してはPeach系の香りが強いため、下記のようにシリコンボウルで作る場合はほとんどベースの香りは分からない。
SBのPeach系やTFDのVentura Peachと似た、アメリカの会社っぽいケミカルなPeach系の香り。

煙について

煙の量と質はSB Serpentの平均。甘さは強いが、それがノドに残ってイガイガするようなことは無い。
タバコ的な重さはSB Serpentの平均。SBVより少し重く、おおよそTFDと同じぐらいの重さだと思う。
香りの持ちはSB Serpentの平均より長い。元の香りが濃いめでハッキリしているので、持ちは長く感じる。
安定感はSB Serpentの平均。時間による香りの変化も少ない。Kaloud Lotusを使うのであれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。
ちなみに、シリコンボウルで作るとPeach系の香りが濃いめに出て、ベースの香りは分からない。陶器のPhunnel系で作ると、ベースの香りが分かる程度に出る。
個人的には、陶器のPhunnel系で作る方が、スモーキーなベースの香りのおかげで全体に少しスッキリして好みだった。シリコンボウルだとPeach系の香りが濃すぎてクドいと感じた。このへんは好みの問題。
使うボウルによって香りの出が変わるが、火の調節自体は容易で扱いやすい。煙の量や質も問題無く、香りの持ちも長め。

(総評)67点

個人的にはAFSEのJuicyやAB StraightのPeachの方が好き。TFDのVentura Peachと同様、ちょっと濃すぎてクドかった。
ちなみに、上記のように使うボウルによって少し香りの出が変わる。個人的には、陶器のPhunnel系で作る方がSerpentシリーズの特徴が良く出ると思うが、好みの問題。
ただ、やはりSBとSBBにPeach系やPeach系のMixが多いので、個人的には今さらコレかぁ、という感じが否めない。
とは言え、意見交換会や店でのリアクションを見ていると、TFDのVentura Peachは割と人気があったので、これを好きという人も一定数いると思う。
SBのPeach系やSBVのPeach SpiceTFDのVentura Peachが好きなら、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31