シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Alchemist KFC / MoonShine Mint(クセの無いダークリーフの香りがシッカリと感じられる、シャープなMint系)

time 2018/01/24

Alchemist KFC / MoonShine Mint(クセの無いダークリーフの香りがシッカリと感じられる、シャープなMint系)

香りについて

シャープでキリッとした冷たい清涼感と、ダークリーフあるいは樽で漬け込んでいることによる有機的な香り。
煙を吐き終えるときに、少々のビターさと渋味、微かに甘い乾いた木材のような香りが感じられるのが特徴。
甘さはTangiersのCane Mintと同じぐらい。SB SerpentのSting Mintより少し甘いが、AB StoutのStone Mintよりは甘さ控えめ。
清涼感はAB StoutのStone MintAB OriginalのAlpine Mintと似ており、AFやNu HookahのMintのようなマットさは無くクリアでシャープ。Spear Mint系の香りなどは無い。
シンプルな強めで冷たい清涼感なので、クセの無いダークリーフの香りがシッカリと感じられる。少々のビターさはも手伝って、非常にキリッとしている。
このあたりの作りは基本的にAB StoutのStone Mintと同じだが、こちらの方がダークリーフあるいは樽で漬け込んでいることによる香りがよりハッキリしており、甘さもやや控えめ。
AB StoutのStone MintやTangiersのCane Mintが人気なことを考えると、これも気に入る人も多いと思う。

煙について

煙の量と質はAB KFCの平均。
Fumariほどでは無いが、AFやNu Hookahあたりと比べるとウェットで、SBVを少しソリッドにしたような煙の質。
タバコ的な重さはAB KFCの平均。おおよそAFの1.5倍ぐらいの重さ、SBVより少し重いぐらい。Alchemistの中では最も重い。
香りの持ちはAB KFCの平均。時間による香りの変化は順当で、時間とともに清涼感は徐々に薄れるが、LavooのDark Mintのような急な終わり方はしない。
安定感は良い。シリコンボウルとKaloud Lotusであれば、かなり適当にしていても崩れたりしない。火加減に相応して清涼感の出が強くなるのみ。
Fumariほどでは無いが、ややモワッとした煙で、最近のアメリカの会社っぽい煙。

(総評)87点

個人的にAB StoutのStone MintやTangiersのCane Mintが非常に好きなので、これも好みの香りだった。
ダークリーフの香りがシッカリしている点、甘さ控えめで少々のビターさと渋味がありスッキリしている点が良かった。
タバコ的な重さはそれなりにあるが、ダークリーフの香りにはクセがないので、割と万人受けすると思う。ダークリーフや樽で漬け込んでいる点などの、背景が感じられて良い。
ちなみに、AFのMintのような中東の会社っぽいMint系の香りが好きで、清涼感がシャープで強いものを探しているのであれば、Nu HookahのStrong Mintを試すのと良いだろう。
SB SerpentのSting MintTangiersのCane Mintあたりが好きであれば、試す価値は非常に大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31