シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Dark Plum(アメリカの会社っぽいダークチェリーの香り)

time 2018/02/02

Tangiers Noir / Dark Plum(アメリカの会社っぽいダークチェリーの香り)

香りについて

ケミカルなCherry系に近い香り。
プラムは桃やスモモやアンズなどの果物の総称で、チェリーもその近種。
少々の酸味のあるケミカルなCherry系の香りが特徴で、TangiersのDark Cherryにリコリスの香りのしないApple系を少し混ぜたような香り。
ただ、Cherry系としては少しだけマッタリした甘さが強めなので、そのへんがプラム・スモモらしさなのかな、と思う。
なお、SBのPlumFumariのPlumはPeach系やApricot系に近い香りでCherry系っぽい香りはしなかったので、それらとは系統が大きく異なる。
アメリカの会社っぽいダークチェリーの香りと言われて出されたら、そう思ってしまいそうな香り。商品名には疑問が残る。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
いくらかの酸味はあるが、それのせいでノドへの当たりがハードということは無い。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらい。
香りの持ちはTangiersの平均。時間による香りの変化も少ない。順当に薄れていく。
安定感はTangiersの平均か、それより少し良い。火加減に相応して酸味が強くなったりはするが、調節自体は難しくない。
よくある平均的なTangiersの煙といった感じ。

(総評)63点

Cherry系と割り切れば、TangiersのCherry系の中では一番好きかもしれない。
個人的にCherry系はあまり好きでないが、TangiersのDark Cherryと比べると酸味が弱めで、全体にカドが無かったのは良かった。
ただ、Tangiersのベースの香りなどもあり、スモモやアンズと言われて想像する香りかと言われると、やはり微妙。良くも悪くもTangiersっぽいCherry系という感じ。
他社からPlumみたいな商品名で出ているフレーバーは、Peach系やApricot系に近い香りのものが多いので、その手の香りを想像しているとハズレると思う。
ただ、Cherry系と割り切るにしても、タバコ的な重さやベースの香りによるクセやエグさを考えると、ファーストチョイスとしてはAFSEのLovely CherryFumariのCherryあたりが無難。
TangiersのDark Cherryのような、ややケミカルなアメリカの会社っぽいCherry系が好きなら、試してみても良いかもしれない。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930