シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nu Hookah / Grape Mint(定番のGrape Mintが、クドさをより抑えたサッパリめの香りに作り直されている)

time 2018/02/11

Nu Hookah / Grape Mint(定番のGrape Mintが、クドさをより抑えたサッパリめの香りに作り直されている)

香りについて

中東の会社っぽいGrape系と、ホンノリした清涼感。
Grape系の香りはAFのGrapeと似ているが、それより煙を吐くときに奥で感じられる酸味のようなテイストが控えめ。AFSEのVirgin Grapeと似ていると思う。
個人的に、AFのGrapeはあとに残る甘さや酸味のようなテイストが少しクドいと感じるので、これぐらいがサッパリしていてバランスが良いと思う。
清涼感は控えめで、おおよそAFのMintの1/3ぐらい。また、微かだが煙を吐き終えるときにAFのMintと似たグリーンな香りを感じる。
あとに残る甘さや酸味が控えめでスッキリしたGrape系の香りと、微かにグリーンな香りのあるホンノリした清涼感とで、中東の会社っぽいGrape系としてはスッキリめの仕上がり。
定番のGrape Mintが、よりクドさを抑えたサッパリめの香りに作り直されている。

煙について

煙の量と質はNu Hookahの平均。
AFとFumariの中間ややAF寄りといった煙で、過度なウェットさなどが無く、最近のフレーバーとしてはややソリッド。
タバコ的な重さはNu Hookahの平均。おおよそAFと同じか、それより少しだけ重いぐらい。
香りの持ちはNu Hookahの平均でやや長め。Nu Hookahは割と香りの持ちが長めなものが多い印象だが、これも同様。時間による香りの変化も少ない。
安定感は問題ない。AFのGrapeより火の調節はずっと楽。Kaloud Lotusを使っていれば、火の調節で苦労することは少ない。
中東の会社っぽいGrape系としては安定感がある部類。他はNu Hookahの平均的な煙といったところ。

(総評)78点

個人的にAFSEのVirgin Grapeが好きなので、これも楽しめた。
Grape系の基本に忠実な香りだが、後味の酸味のようなテイストや甘さが少し控えめでスッキリしており、より万人受けしそうな仕上がりだと思う。
中東の会社にありそうな過去の名作を微調整して練り直したようなフレーバーが多い、Nu Hookahらしい出来。
うろ覚えだが、FumariのWhite Grapeも、こういう酸味のようなテイストが控えめな中東の会社っぽいGrape系だったと思う。
Grape系は好きだが、AFのGrapeは後味が少しクドいと感じるような人は、試す価値がある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031