シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Pomegranate(ベースの香り込みで考えると何故かTangiersのRed Grapeと似ている)

time 2018/02/16

Tangiers Noir / Pomegranate(ベースの香り込みで考えると何故かTangiersのRed Grapeと似ている)

香りについて

そこそこの再現度だと思うが、Tangiersのベースの香りが邪魔。
TangiersのRed Grapeと似た酸味が特徴で、そこに何かサッパリめのフルーツ系の香り。
AFSEのSweet Pomegranateも、他社のPomegranate系と比べると再現度が高めで実物っぽい香りだったが、酸味や微かな渋味の点ではこちらの方がリアリティがあると感じた。
ただ、やはりTangiersのベースの香りはサッパリしたフルーツ系の香りと相性が悪く、フレーバー自体の香りを邪魔しがちだと思う。これも同様。
あと、自分を含めて頻繁にザクロを食べる人も少ないように思うので、そもそもピンと来にくい気もする。
そのため、全体として見ると、少々の酸味と渋味のあるサッパリした何かフルーツ系と言う感じ。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
いくらか酸味があるので、それによるノドへの当たりは少々あるが、気になる程では無い。
タバコ的な重さはTangiersの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいの重さ。
香りの持ちはTangiersの平均。序盤を過ぎたあたりで酸味が少し先にピークアウトするので、時間による香りの変化は少しだけある。
安定感はTangiersの平均。いくらか弱めの火加減で維持する方が、酸味以外の香りが出やすいと感じたが、火の調節自体は難しくない。
Tangiersの平均的な煙といったところ。可もなく不可もない。

(総評)65点

個人的にPomegranate系はどれも再現度がイマイチだと思っているが、その中では割と頑張っている部類。
ただ、やはりTangiersのベースの香りがフレーバー自体の香りを邪魔しており、良くない意味でTangiersらしさが出てしまっている。
いくらか実物より強調されており人工的な感などはあるものの、Pomegranate系のファーストチョイスとしてはAFSEのSweet Pomegranateをオススメする。ちなみに、UglyのPomegranateは、Watermelon系っぽい香りがするので、これらとは違った仕上がり。
というか、ベースの香りを抜いて考えるとザクロでもそれなりに納得の香りだが、ベースの香り込みで考えると何故かTangiersのRed Grapeと似ている。
TangiersのRed Grapeのような酸味のあるフルーツ系が好きなら、試してみても良いかもしれない。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31