シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Tuscan Cantaloupe(Melon系と言われて多くの人が想像するであろう香りと遠く、クセも強い)

time 2018/03/01

Tangiers Noir / Tuscan Cantaloupe(Melon系と言われて多くの人が想像するであろう香りと遠く、クセも強い)

香りについて

ウリ臭さとも少し違うややクセのある香りが特徴の、何かフルーツっぽい?香り。
トスカナ・カンタロープはアメリカやヨーロッパで食べられているメロンの一種だが、他社のMelon系とは大きく異なる香り。
ややTangiersのJackfruitと少し似たクセのある香りがあるのが特徴で、パパイヤの香りのクセのある部分やドリアンを薄めたような香りを感じる。
一応、煙を吐き終えるときと余韻とに他社のMelon系っぽい香りを感じるが、上記の香りに押され気味で、そこそこ分かりにくい。
ただ、Melon系の香りの終わりとTangiersのベースの香りが混じって、上記のクセのあるマッタリした香りを感じた可能性もある。ちょっと良く分からない。
ちなみに、商品名にはCantaloupeとあるが、SBのCantaloupeSB SerpentのRougueに見られた、Cantaloupe系や2世代ぐらい前のMelon系のようなタバコっぽい渋味は無い。
Melon系と言われて多くの人が想像するであろう香りと遠く、クセも強い。あまり万人受けしないと思う。

煙について

煙の量はTangiersの平均。煙の質はTangiersの平均か、それより少し良い。
割りときめ細かな煙で、それなりに甘さはあるがノドに残ってザラついたりすることは無い。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいの重さ。
香りの持ちはTangiersの平均。時間による香りの変化も少ない。
安定感は問題無い。他社のMelon系と大きく異なる香りなので、他社のMelon系にありがちな焦げやすさや崩れやすさは無い。
煙の質が少し良い。他はTangiersの平均。

(総評)45点

個人的にTangiersのJackfruitはそこそこ楽しめたが、これは何故か苦手な香りだった。
もっとも、意見交換会での様子を見るに、Jackfruitは苦手な人が多いようなので、これも万人受けはしないと思う。
そもそもMelon系っぽい香りでなく、パパイヤの香りのクセのある部分やドリアンを薄めたような香りがあって、クセが強い。
他社に無い香りなので、どういう香りが好きな人にオススメすれば良いか、パッと思いつかない。何と言うか、個人的にはあまりオススメできない。
TangiersのJackfruitが好きであれば、試してみても良いかもしれない。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930