シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Midnight Orchard Apple(AFのTwo Appleと似た、マッタリした甘さのDouble Apple系)

time 2018/03/24

Tangiers Noir / Midnight Orchard Apple(AFのTwo Appleと似た、マッタリした甘さのDouble Apple系)

香りについて

AFのTwo Appleと似た、マッタリした甘さのDouble Apple系。
Double Apple系の1つの典型といった香りで、AFのTwo Appleを吸ったことがあれば、知ってる香りだと感じるだろう。
TangiersのAppleも、一応はリコリスの入ったDouble Apple系の香りだったが、AFのTwo Appleを半分に薄めたような控えめな作りだった。
それと比べると全体に濃いめの作りで、AFのTwo Appleほどでは無いが、Double Apple系らしいマッタリした甘さが強い。
なお、ナハラのDouble AppleやSBVのIndian Spiced Appleなどの、マッタリした甘さよりもリコリスの香りによるキレ感が強いDouble Apple系とは異なる香り。
AFのTwo Appleと似た、オーソドックスなDouble Apple系。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
過度なウェットさの無い、ほどほどにソリッドな煙。香りのボディの強さとマッチしている。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいだと思う。
香りの持ちはTangiersの平均。時間による香りの変化も少ない。時間と共に順当に薄れていく感じ。
安定感はTangiersの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。
ほどほどにソリッドな煙の質が、ボディのある香りとマッチしている。他はTangiersの平均的な煙。

(総評)76点

Double Apple系の基本に忠実な香り。
個人的な意見だが、Double Apple系が好きな人はマッタリした甘さやボディによる満足感を求める傾向があるように思う。
その点では、TangiersのAppleよりも全体に濃い口でDouble Apple系らしく、タバコ的な重さによる満足感もある。個人的にTangiersのAppleは物足りなさを感じたので、こちらの方が好き。
なお、TangiersのForbidden Fruitは洋ナシに似た香りがアクセントの他社には無いApple系だったので、Double Apple系のこれとは異なる香り。
ちなみに、最近試したDouble Apple系の中では、TFDのManzanasがマッタリした甘さと強めのキレ感を両立していて、面白かったと思う。
Double Apple系の1つの典型といった出来。AFのTwo Appleが好きで、よりタバコ的に重いものを探しているのであれば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30