シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Two Apple with Mint(AFのTwo Apple:AFのMint=2:1ぐらいで混ぜた香り)

time 2018/04/20

Al Fakher / Two Apple with Mint(AFのTwo Apple:AFのMint=2:1ぐらいで混ぜた香り)

香りについて

AFのTwo Apple:AFのMint=2:1ぐらいで混ぜた香り。商品名そのまま。
AFのTwo Appleと同じ、マッタリした甘さが強くアニスやリコリスの香りのある香りがメイン。
そこに、グリーンな香りのあるAFのMintと同じ香りと清涼感が混じる。Mixであるため、清涼感はその1/3ぐらい。
メインはマッタリしたAFのTwo Appleの香りだが、Mixで薄まりAFのMintのグリーンな香りと清涼感が混じるため、やはりTwo Apple単体より全体に少しライトな甘さ。
AFのMintの少しツンとしたグリーンな香りが、アニスやリコリスのマッタリした香りと甘さに対し、良いアクセントになっていると感じた。
AFのMint系のMixはどれもそうだが、メインの香り単体にAFのMintをMixすれば自分で作れる。これも同様。

煙について

煙の量と質はAFの平均。
AFらしいノドに障らない程度にソリッドで、満足感のある吸いごたえの煙。
タバコ的な重さはAFの平均。SBのスタンダードラインやFumariより少し重いぐらい。
香りの持ちはAFの平均。少し先にMint系の清涼感がピークアウトするものの、時間による香りの変化もそこまで大きくはない。
安定感はAFの平均。AFのMintと同様、あまり火加減が強すぎると変な酸味が出るが、火の調節自体は難しくない。
平均的なAFの煙と言ったところ。甘さも手伝ってボディがしっかりしていて良い。

(総評)71点

AFのMintのグリーンな香りが、全体をスッキリさせていて良いアクセントになっていた。
このあたりはNu HookahのTwo Appleなど他社のものには珍しい特徴なので、改めて試すと面白いと思った。
ただ、AFのTwo Appleが好きな人は、マッタリした甘さによる吸いごたえや満足感を求めているような気がするし、単体で吸う人が多い気がする。
というか、AFのTwo AppleとAFのMintがあれば自分で作れるし、個々に買って自分で混ぜる方が好みの香りにしやすいと思う。
自分で混ぜるのが面倒なら買ってみてもよいだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031