Al Fakher / Cherry with Mint(AFのCherry:AFのMint=1:1ぐらいのMix)シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Cherry with Mint(AFのCherry:AFのMint=1:1ぐらいのMix)

time 2018/04/24

Al Fakher / Cherry with Mint(AFのCherry:AFのMint=1:1ぐらいのMix)

香りについて

AFのCherry:AFのMint=1:1ぐらいのMix。商品名そのまんま。
メインはAFのCherryと同じで、コクのある甘い香りと微かな酸味が特徴。少々のツンとした感じはあるが、ケミカルさは非常に控えめで穏やか。
TangiersのMaraschino Cherryなどの、昔っぽいパフェやカクテルに乗ってるシロップ漬けの真っ赤なチェリーっぽいクセのある香りとは異なる系統。
そこに、AFのMintのグリーンな香りと少々の渋み、清涼感が混じる。AFのMintは最近のMint系と比べると、ややビターさやグリーンな香りが強いが、かえって良いアクセントになっている。
ちなみに、AFの他のMint系のMixと同様に、メインの香りにAFのMintを混ぜた感じだが、他よりややMintの配分が多めだと思う。
ケミカルさが少なく穏やかなCherry系の香りを、Mint系のグリーンな香りでサッパリとアクセント付けした感じ。

煙について

煙の量はAFの平均。煙の質はAFの平均か、それよりわずかに良い。
AFらしい満足感のある煙だが、Mint系の清涼感があるためノド越しはスッとしていて良い。
タバコ的な重さはAFの平均。FumariやSBのスタンダードラインよりは少し重い。
香りの持ちはAFの平均。Cherry系の香りはそれなりにハッキリしているが、Mint系とのMixで少し薄まっているため、トータルで見たときの持ちは平均と言ったところ。時間による香りの変化は少ない。
安定感はAFの平均。あまり火加減が強すぎると変な酸味が出るが、このあたりはAFのMintと同じ。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。
AFの平均的な煙だが、少々の清涼感のおかげでノド越しが良い。

(総評)70点

どちらかと言うとCherry系は苦手だが、割と楽しめた。Cherry系の中では好きな方。
個人的に、苦手なのはTangiersのCherry系のようなツンとした感じの強い缶詰やシロップ漬けのチェリーのような香りなので、そのあたりが非常に控えめで良かった。
また、これも少々のツンとした感じはあるものの、Mint系のグリーンな香りによって上手くカバーされており、Cherry系特有のクセを感じにくいのも良かった。
Mint系のMixではあるが、AFSEのLovely CherryやAFのCherryやCNのBlach Pearlあたりが好きで、アメリカの会社に良くあるゼリービーンズや缶詰のチェリーっぽい香りとは異なるものを探しているのであれば、気に入る可能性は高い。
もっとも、AFのCherryとAFのMintがあれば自分で作れるので、自分で混ぜるのが面倒な人用という感じではある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031