Al Fakher / Grapefruit with Mint(AFのGrapefruit:AFのMint=2:1ぐらいのMix)シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Grapefruit with Mint(AFのGrapefruit:AFのMint=2:1ぐらいのMix)

time 2018/05/04

Al Fakher / Grapefruit with Mint(AFのGrapefruit:AFのMint=2:1ぐらいのMix)

香りについて

AFのGrapefruitとAFのMintを2:1ぐらいでMixしたフレーバー。
AFのGrapefruitはビターさや渋みのようなテイストが強めで、割と上手くグレープフルーツの渋みが表現されていた。ただ、そのせいで煙を吐くときのテイストに少しだがクセがあった。
これに関してはMint系が入り少し薄まるため、ハッキリ分かる程度にビターさや渋みが残りつつ、煙を吐き終えるときのクセが少し抑えられている。
ビターさや渋みの感じに微かにFumariのTangeloと似た厚みのようなテイストを感じるが、それよりも少し酸味の方が前面に立っている印象。
ちなみに、Nu HookahのGrapefruit Mintは、これよりビターさや渋みの独特なマッタリした厚みが控えめで清涼感も少し強く、より酸味が前面に立っている印象で、全体にサッパリしている。
なお、他のAFのMint系のMixと異なり、微かな清涼感はあるものの、AFのMintに特有のグリーンな香りはほとんど感じられない。Grapefruit系の香りに飲まれているのだと思う。
酸味や渋みが強く甘さが控えめな安い黄色のグレープフルーツから、確かにこういう香りを感じることはある。まずまずの再現度。

煙について

煙の量と質はAFの平均。
ビターさや渋みによるCitrus系に特有の当たりは多少あるが、Mint系で薄まっているため、AFのGrapefruitよりは控えめな煙の質。
タバコ的な重さはAFの平均。SBやFumariより少し重い。だいたいAB Stoutと同じぐらいの重さ。
香りの持ちはAFの平均。時間による香りの変化も少なく、一定して最後まで香る。
安定感はAFの平均。あまり火が強すぎると酸味が強く出すぎて崩れるが、Kaloud Lotusを使っているのであれば火の調節で苦労することは少ないと思う。
Citrus系に特有の当たりは多少あるが、その他は平均的なAFの煙と言ったところ。

(総評)76点

個人的にはAFのGrapefruitより、こちらの方がサッパリしていて好き。
Mint系の清涼感によって、煙を吐き終えるときのビターさや渋みが程よく抑えられているのが良かった。
昔からあるフレーバーだが、改めて試してみると、微かではあるがビターさや渋みの感じにFumariのTangeloと似た厚みが感じられるのも面白かった。
FumariのTangeloが好きで、それよりも酸味が前面に立っていて少しサッパリした仕上がりのGrapefruit系を探しているのであれば、試す価値は大きい。
これよりビターさや渋みの独特なマッタリした厚みが控えめで、より全体にサッパリした仕上がりのものであれば、Nu HookahのGrapefruit Mintを試すと良いだろう。
酸味や渋みが強く甘さが控えめな安い黄色のグレープフルーツと言われも割と納得の香りで、そこそこ再現度が高い。地味に良く出来ている。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031