シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Grape(どこの国に行っても必ず見かける定番の1つ、こういうもの)

time 2018/05/07

Al Fakher / Grape(どこの国に行っても必ず見かける定番の1つ、こういうもの)

香りについて

実物のブドウと言うより、シーシャのグレープと言った香り。
メインは甘さは強いがサッパリした何かフルーツっぽい香りで、煙を吐き終えるときに少々の酸味か渋みのようなテイストがあるのが特徴。
煙を吐き終えるときの酸味か渋みのようなテイストの強弱の差などはあるが、他社から出ているGrape系をどれか1つ吸ったことがあれば、知っている香りだと感じるだろう。
かなり前向きに解釈すれば、少し酸っぱくて皮ごと食べられる緑色のトンプソン種のブドウを濃くしたような香りと言えなくもないが、やはり再現度うんぬんではなく、こういうものという感じ。
シーシャのGrape系の典型であり原型。

煙について

煙の量と質はAFの平均。
それなりに甘さは強いが、それがノドに残ってイガイガするようなことは無い。AFらしいソリッドで満足感のある煙。
タバコ的な重さはAFの平均。SBやFumariより少し重い。だいたいAB Stoutと同じぐらいの重さ。
香りの持ちはAFの平均。中盤にさしかかるあたりから少し酸味や渋みが前に出てくるので、時間による香りの変化はそれなりに大きめ。
安定感はAFの平均に少し劣る。あまり火加減が強すぎるとエグみが出て崩れる。気持ち弱めの火加減で維持するのが良い。
少し弱めの火加減で維持する必要はあり、時間による香りの変化も少し気になる。他はAFの平均的な煙。

(総評)74点

実物のブドウと言うより、シーシャのグレープと言った香り。
外国のスーパーで量り売りされている酸っぱい痩せたブドウを濃くした香りと言われれば、まぁ分からなくもないが、やはり再現度うんぬんではなく、こういうものという感じ。
ちなみに、他社からGrapeやWhite Grapeみたいな名前で出ているフレーバーの多くは、これを下敷きにしていると思う。
一応、マッタリした甘さが強めだったり、煙を吐き終えるときの酸味や渋みのようなテイストが控えめだったり、各社それぞれ微妙な違いはある。
マッタリした甘さが強いものであればAF GoldenのGrapeを、酸味や渋みのようなテイストが控えめでスッキリしたものであればAFSEのVirgin GrapeFumariのWhite GrapeNu HookahのGrapeを試すと良いだろう。
ちなみに、これとは違った系統のWhite Grape系としては、SBBのGolden Grapeやクリアで非常にサッパリしたFSのWhite Grapeがあるので、AFのGrapeが苦手であれば、それらを試してみると良いだろう。
何と言うか、どこの国に行っても必ず見かける定番の1つなので、とりあえず試してみると良い。一般教養。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031